令和4年12月号市報すいた 市長コラム 「空間の美」

ページ番号1024901  更新日 2022年11月28日

 私の字は、いわゆる「丸文字」です。大学の同級生は「後藤の字、独特で好きやわぁ」と言ってくれていましたが、担当教授には「これ卒業論文だよ?真面目に書きなさい」と言われていました。
 当時出現したワープロはそんな私を大いに救ってくれました。同じ内容でも活字で記すと真実味が増します。以来、文字を書く=キーボードに向かう、となり一層手書きの機会が減ってしまいました。
 しかし、この立場、頻繁に芳名録を前にします。「市長なら筆ペンでスラスラ書くに違いない」というイメージ、私に限っては違うのです…。
 そんな私が毎年「生きがい書道文化会」に出展しています。毛筆に慣れないわが右手でも、先生は「市長は筋がいい!素晴らしい!」とほめてくださいます。続けて「ここの押さえと次の力強さを出せたらさらに良くなります!」と。そのYes and話法に乗り、書いては褒められ、嬉しくなってまた書いて。
 そのうち無心になり、気付くとこの私が筆で文字を、それも縦に書いているではありませんか。完成後、先生が一言「黒い墨を白い紙に入れて余白を表現するのです。余白は要白なのですよ」と。
 書くのではなく表現する。
 それはもう哲学であり生き方。ああもっと早くから始めておけばよかった…。

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (高層棟4階)
電話番号:06-6384-0196 ファクス番号:06-6384-2677
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)