飼い犬が人を咬んでしまったら

ページ番号1029892  更新日 2023年10月24日

飼い犬が人を咬んでしまったら、まず咬まれた人の治療が最優先です。咬まれた状況や傷の大小に関わらず、咬まれた人を病院に連れて行きましょう。飼い主は保健所までご連絡ください。

必要な手続き

飼い犬が人を咬んだ場合、状況に関わらず、飼い主は大阪府動物の愛護及び管理に関する条例第4条第3項の規定により、届出をする必要があります。

(1)飼い主は、事前に電話連絡のうえ、保健所へ来所し、咬傷届を提出してください。

(2)かかりつけの動物病院などで狂犬病の鑑定を受け、鑑定書(診断書等)の写しを保健所に提出してください。

鑑定を受けるときの注意事項

狂犬病予防注射接種済みの場合は、咬傷直後、1週間後の計2回行う。

狂犬病予防注射未接種の場合は、咬傷直後、1週間後、2週間後の計3回行う。

※鑑定のための検診回数は、狂犬病予防注射の接種歴によって異なります。かかりつけの動物病院にご相談ください。

※犬に咬まれた方は、傷口をよく洗浄・消毒し、病院を受診してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康医療部 衛生管理課
〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番3号(吹田市保健所内)
電話番号:06-6339-2226 ファクス番号:06-6339-2058
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)