動物の多頭飼育問題にならないために

ページ番号1022050  更新日 2022年10月21日

近年、ペットを家族の一員として飼育する家庭が増加している一方、飼い主の管理能力を超えた頭数を飼養してしまうことによる「多頭飼育問題」が社会問題となっています。あなたやあなたのまわりの人が問題を抱え込んでしまわないよう、困っている場合や心配な場合は早めに保健所にご相談ください。

多頭飼育問題とは

多数の動物を飼育することにより以下の状況が引き起こされていることです。長期化すればするほど解決が難しくなりますので、未然防止や早期の対策が大切です。

  1. 飼い主の生活状況の悪化
  2. 動物の状態の悪化
  3. 周辺の生活環境の悪化

写真:多頭飼育問題写真(猫)

写真:多頭飼育問題写真(犬)


出典:平成19年度 動物の遺棄・虐待事例等調査報告書

責任をもって世話ができる頭数を

避妊去勢手術をせずにペットを飼っている方へ

愛玩動物の中でも猫やうさぎは特に繁殖力が強く、一度の出産で猫は4~8頭、うさぎは6~10匹出産し、その子も数か月で妊娠可能になります。このように、繁殖サイクルが非常に速く、避妊去勢手術をせずにオスメス飼育し始めると1年で数十匹に増えてしまいます。
避妊去勢手術は生殖器系の病気や生殖本能によるストレスがなくなり、寿命が長くなります。繁殖を希望しない場合は避妊去勢手術を行いましょう。
猫の場合、避妊去勢手術の補助金制度があります。「吹田市飼い猫等避妊・去勢手術補助金交付事業の開始について」のページをご覧ください。

イラスト:猫の繁殖力 「1頭のメス猫が、1年後には20頭以上、2年後には80頭以上、3年後には2000頭以上に!」

たくさんの動物を飼育している方へ

世話は行き届いていますか?。糞尿がたまっていたり飼育環境が悪化している場合は、あなたや動物の健康被害につながり、最悪の場合は動物虐待とみなされることがあります。
また、災害時に動物を安全に避難させることや、あなたが動物の世話ができなくなったときに動物の世話を誰かに引き継ぐことが困難になります。適切に世話をしてくれる仲間を探すなど、一人で抱え込まないようにしましょう。
なお、以下に該当する場合は届出や許可の手続きが必要です。

イラスト:管理能力を超えた数の動物を保護している人
出典:環境省パンフレット「もっと飼いたい?」

家族などに気になる飼い主がいる方へ

あなたの周りに多頭飼育問題の可能性がある方はいませんか?。
以下のチェック項目を目安に、問題に発展する兆候がある場合は、飼い主にパンフレットなどを紹介して差し上げてください。また、ご心配な場合は、早めに保健所にご相談ください。

問題に発展する可能性が高い兆候

  • オス・メス飼っている、又は性別不明の複数飼い
  • 避妊去勢手術をしていない、又はわかっていない

早急に対応が必要な可能性が高い場合

  • ここ半年で数が増えた、又は子猫が生まれている
  • 野良猫に餌をやっており猫の数が増えている
  • 悪臭やハエなど、周辺の生活環境に被害がでている

パンフレット

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康医療部 衛生管理課
〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番3号(吹田市保健所内)
電話番号:06-6339-2226 ファクス番号:06-6339-2058
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)