車検時の納税証明書の提示が原則不要になります。

ページ番号1023347  更新日 2022年11月21日

車検(継続検査)時に必要であった軽自動車税(種別割)の納税証明書が、軽自動車税納付確認システム(軽JNKS)により、令和5年1月から原則不要になります。なお、従来どおりの紙の納税証明書が必要となる場合がありますので、以下の注意事項をご覧いただき、対象であるかのご確認をお願いいたします。

軽JNKSパンフレット

従来どおり紙の納税証明書が必要となる場合

  • 二輪の小型自動車である場合
  • 対象車両に過去の未納がある場合(前所有者の未納を含む)
  • 直近に納付を行い、システムに反映前である場合
  • 名義変更、番号変更、定置場変更を行って間もない場合
  • 減免申請や減免決定から間もない場合

車検(継続検査)用納税証明の発行について

紙の納税証明書が必要な場合は、次のリンクをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

税務部 税制課
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (中層棟2階 201番窓口)
電話番号:
【税制】 06-6384-1243
【諸税】 06-6384-1244
ファクス番号:06-6368-7344
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)