[令和5年6月献立表掲載]食べることを大切にしよう

ページ番号1027915  更新日 2024年1月16日

おうちの人と一緒に読んでね


 

お店に行くとたくさんの食べものがならんでいますよね。

みなさんは、この食べものがなくなってしまったら…

と考えたことがありますか?

 

食べものがあるおかげで、私たちはまいにちごはんを食べることができます。

そんな食べものに、「ありがとう」のきもちで食べていますか?

農作物、動物

 

 



食べものがたくさんすてられているってほんと?

食品ロスのイラスト


私たちは、しぜんの中で育つ「のうさくぶつ」や「生きものたちの命」を

いただいて、からだのえいようにしています。

そんな大切な食べものが、毎日たくさんすてられてしまっています。


栄養士イラスト



ここからは、私がせつめいするよ!


栄養士イラスト2

 

日本では、まだ食べられるのにすてられている食品(食品ロス)の量は、

一年で552万トンと言われているよ。


これは、毎日ひとりあたりおにぎり1こをすてているようなもの。

おにぎりを捨てているイラスト


みんなはこれをきいてどう思う? 

「もったいない!」

「せっかく作ってくれたのに!」

「食べられなくてこまっている人がいるかも?」

ふだんから、そのようなきもちになって食べることができるといいね。

 

食べることは生きていくためにひつようなことだけど、

食べものがあるまいにちが、あたりまえではないよね。

いただきますのイラスト

 

食べものや、食べものを作ってくれた人に、

「ありがとう」のきもちで、大切にいただきましょう。

 

農林水産省及び環境省「令和2年度推計」


食べものを大切にするためには、どんな食べかたがいいの?

 

  • すききらいせずにのこさず食べる
  • 食べもののおいしさをかんじながら食べる

かるしお大作戦のイラスト

このページに関するお問い合わせ

健康医療部 健康まちづくり室
〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号(吹田市立総合福祉会館5階)
電話番号: 【総務・健都・健康づくり・DH・企画担当】06-6384-2614
ファクス番号:06-6339-7075
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)