給水装置工事施行指針2023年版の施行について

ページ番号1027266  更新日 2023年6月1日

給水装置工事施行基準の改正

 給水装置工事施行基準2018年版が改正され、給水装置工事施行指針2023年版となりましたのでお知らせします。また、給水装置工事の申込みに必要な書類の様式も変更されていますので、下記よりダウンロードしてご使用ください。

施行日

令和5年(2023年)7月1日の申込み分から適用します。

経過措置

 この改正により、指定する範囲の給水管の材料が、耐衝撃性硬質塩化ビニール管から水道用ポリエチレン二層管(1種 PE50)、(口径50mmにあってはS50形ダクタイル鋳鉄管を含む)に変更となりました。しかしながら、給水装置の材料に関しては一定の在庫を保有されていることと思いますので、移行期間として令和6年6月30日まで耐衝撃性硬質塩化ビニール管及びその継手の使用も可能とします。

給水装置工事施行基準2023年版

令和5年(2023年)7月1日以降の新様式

サンドエロージョン対策について

 給水管を道路等に布設する際には、他の埋設物企業との協議を経て、給水管と他の埋設物の離隔を十分確保して施行する必要があります。しかしながら埋設物の位置が事前に得た情報と異なったり、情報のない支障物があって十分な離隔が確保できない場合、他の埋設物の管理者及び水道部に連絡していただいたうえで、サンドエロージョン対策施工要領により施行してください。

耐摩板等の支給について

緊急的な施工でどうしても耐摩板等の用意ができない場合は、水道部にて支給するのでご連絡ください。

令和5年7月1日以降の開発行為等に関連する事業

このページに関するお問い合わせ

水道部 工務室 給水相談グループ
〒564-8551 大阪府吹田市南吹田3丁目3番60号(第1別館2階)
電話番号:06-6384-1371
ファクス番号:06-6384-1837

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)