よくある御質問

ページ番号1027392  更新日 2023年7月11日

質問周辺でマンション開発が続くなか、さらに700戸のマンションを作る必要があるのですか。

回答

市街地再開発事業の仕組みは、土地の高度利用により建物を建設し、生み出された床の一部を従前の権利者に配分するとともに、残りの床について建設費等の確保のため、保留床として処分するものです。

環境影響評価でお示しした建築物の概略の計画は、広場や通路等のゆとりある空間を設けたうえで、商業ニーズの調査を踏まえて設定した商業施設を確保し、市街地再開発事業が成立するよう、事業に充てる住宅(マンション)の保留床の面積を設定したものであり、住宅開発を目的として戸数の設定等を行ったものではありません。

環境影響評価でお示しした建築物の計画は、概略の計画であり、仮定として、住宅部分の全面積を標準的な戸あたり面積で割り戻した結果、約700戸と算定したものです。

保留床の面積や、戸数については、今後、事業検討主体である北千里駅前地区市街地再開発準備組合において検討されるものとなります。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 計画調整室
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟2階 215番窓口)
【千里ニュータウン情報館】〒565-0862 大阪府吹田市津雲台1丁目2番1号
電話番号:
【事業調整担当】 06-6318-6367
【市街地再開発事業担当】 06-6318-6369
【千里ニュータウン担当】 06-4860-6217
【千里ニュータウン情報館】06-6155-3933

ファクス番号:06-6368-9901
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)