産後家事支援事業

 吹田市が委託している市内や近隣市にある事業者のサポーターが訪問し、家事や育児の支援を行います。
 (利用については審査があります。)  
 
 

対象者

 吹田市に住民票があり、生後6か月未満の赤ちゃんがいるご家庭で、次の項目全てに該当する方。

 (1)お母さんの体調不良や育児不安等がある

 (2)家族等から十分な家事及び育児等の援助が受けられない

 (3)お母さん、赤ちゃんともに病院等への入院を要しない

 

 ※多胎児を養育している方は、産後家事支援事業は対象外になりますので、多胎児家庭サポート事業をご利用ください。 

 

 

サービス提供内容

 ※この事業は、乳幼児を養育する方の支援が目的であることから、サポーターはお手伝いが中心となります。

    また、養育者が自宅に不在の状態で、赤ちゃんのお世話や子守りをすることはできません

 ※育児援助に関しては、対象児(生後6か月未満の赤ちゃん)への支援が主目的であり、上の子(きょうだい)への支援が

    主目的になる場合は利用できません。 

 

利用期間

児が生後6か月になる前日まで

内容

家事支援・育児援助

詳しくは「吹田市産後家事支援事業でできること・できないこと (PDFファイル; 223KB)」をご参照ください。


支援時間

平日 午前9時から午後5時30分まで

休業日:土休日、年末年始

※原則、曜日と時間帯を固定しての利用になります。

利用回数

上限36回(週2回まで)

利用時間

1日1回 2時間以内

 

 

自己負担額

 500円/時間

 ※市民税非課税世帯・生活保護世帯の場合は減免制度があります。

 ※申請日の属する年(1月から6月までの間に申請をする場合は、その前年)の1月1日に吹田市に住民登録がない場合、

    申請者の属する世帯の生計中心者の所得の分かる書類(「市町村民税課税証明書」、「給与所得者等に係る市民税・

    府民税特別徴収税額の決定又は変更通知書」、「源泉徴収票」等の写し)を提出してください。 

 

 

変更及びキャンセルについて

 利用決定後に変更及びキャンセルを希望する場合は、利用予定日の前日(土休日・年末年始の場合はその前日)の午後5時までに

 事業者への連絡が必要です。ご連絡がない場合は、キャンセル料が発生します。

 

 ※利用者が感染症を疑う体調不良等が認められる場合、利用を中止させていただきます。 

 

 

申し込み

申請の流れ

     申請の流れ図   

    出産後に申請してください。 

    審査・調整に2週間程度お日にちを要する場合があるので、日程に余裕をもってお申し込みください。

    お急ぎの場合は、母子保健課(保健センター:06-6339-1214 保健センター南千里分館:06-6155-2812)へ

    ご連絡ください。

    事業者の混み具合等によっては、利用回数や利用時間、利用内容等のご希望に添えない場合もあります。

    事業者を調整した後、事業者から利用開始日やサポーター派遣曜日と時間帯について電話連絡があります。

 

申請方法

 下記を必ずご確認の上、電子申込システムからお申込みください。

 

  「吹田市産後家事支援事業利用に関する注意事項 (PDFファイル; 296KB)

  「吹田市産後家事支援事業でできること・できないこと (PDFファイル; 223KB)」

   

   申し込みはこちら


※吹田市産後家事支援事業の委託事業者を募集しています。事業者募集の詳細はこちらをご確認ください。

Adobe Acrobat Reader DCをダウンロード

PDFファイルを閲覧・印刷するためには、 Adobe Acrobat Reader DCが必要です。

AdobeのWebサイト(外部リンク)から無償でダウンロードできます。



〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号(吹田市立保健センター 3階)

Tel:

【母子健診・相談担当】

  06-6339-1214

  06-6339-1215

【医療費助成(小慢・未熟児・不妊)担当】

  06-7220-3796

Fax: 06-6339-7075

mail: boshihoken@city.suita.osaka.jp