令和2年6月号市報すいた 市長コラム「総力を挙げて」

ページ番号1013039  更新日 2022年9月21日

新型コロナウイルスが私たちの生活を一変させて数か月あまり、感染者数の増減を不安な気持ちで見守る日々が続いています。私たちがこれまで続けてきた感染拡大防止の取組をいつまで、どのように続けるのか。その戦略を誤ると、再び自粛のトンネルに入ることは間違い無さそうです。

吹田市は独自の支援策等を盛り込んだ「緊急対策アクションプラン(約28億円)」を進めています。さらに、医療・福祉現場への支援、全ての小・中学生へのパソコン導入、これまで休業支援の対象外であった小規模事業者への給付金など、事業活動や医療、教育分野の支援(約22億円)を行います。一昨年の大阪北部地震、昨年の千里山交番襲撃事件では、事態の全貌を把握できない段階でも「想像力を働かせて可能な限りの手を打つ」という異例の対応を経験しました。

その際、事前の準備と知識、経験、技術、情報、予算、マンパワーの結集、そして発生時の失敗を恐れない迅速かつ的確な判断があれば、被害を最小限に抑えることができることを実感したのです。

リーダーシップとは何か、と問われたら「状況に迫られて手を打つのではなく、先手を打って状況を好転させる勇気」と答えます。先が見えない今の状況下において、総力を挙げて有効な手を打ち続け、その結果責任を負うことを覚悟しています。

日々すべき事に取り組む先には、再び日常を取り戻せる日が待っていることを信じています。

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (高層棟4階)
電話番号:06-6384-0196 ファクス番号:06-6384-2677
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)