Wリボンプロジェクトinすいた2011

ページ番号1006332  更新日 2022年9月21日

チラシ:Wリボンプロジェクト in すいた

毎年11月12日から25日までの2週間は「女性に対する暴力をなくす運動」の期間です。また、11月は「児童虐待防止推進月間」です。
吹田市ではDV(ドメスティックバイオレンス)と児童虐待が密接に関連していることを改めて認識し、その防止対策を一体として進めていかなければならないと考え、吹田市オリジナルのマーク「Wリボンマーク」を考案し、運動期間のある11月を中心に、「暴力のない安心安全のまち、すいた」の実現をめざして、講演会や講座、啓発活動などを集中的に行う「Wリボンプロジェクトinすいた」を始めました。

ジャンル

日時

内容

講師等

参加人数(保育児数)

オープニング

10月29日
(土曜)

STOP!DV・いじめ・児童虐待
今、私たちにできること

【基調講演】

弁護士

峯本 耕治さん

【パネリスト】

NPO法人湘南DVサポート

センター理事長

瀧田 信之さん

大阪府教育委員会チーフ・

ソーシャルワーカー

西野 緑さん

【コーディネーター】

吹田市・吉見自治人権部長

吹田市・赤松児童部長

85人(4人)

DV防止講座
(連続講座)

11月18日
(金曜)

DVを知る
吹田市におけるDVの実態

吹田市立男女共同参画センター
所長
岸上 弘美

21人(3人)

DV防止講座
(連続講座)

11月25日
(金曜)

DVとその影響
私たちにもできる支援とは

大阪心のサポートセンター
代表
宮本 由起代さん

12人(3人)

DV防止講座
(連続講座)

12月2日
(金曜)

学んだこと、感じたことを
分かち合おう
ふりかえりとWリボン授与式

子・己育ち相談リリーフ主宰
小谷 訓子さん

36人(3人)

児童虐待防止
講演会

11月8日
(土曜)

しつけと体罰

エンパワーメントセンター主宰
森田 ゆりさん

58人(4人)

児童虐待防止
講座
(連続講座)

11月4日
(金曜)

親子再生の一歩になるために
児童虐待防止法改正からみえること

花園大学社会福祉学部
特任教授/
NPO法人児童虐待防止協会
理事長
津崎 哲郎さん

33人(5人)

児童虐待防止
講座
(連続講座)

11月11日
(金曜)

ひとりで苦しまないで
守りたい、子どもの笑顔と未来

NPO法人児童虐待防止協会
理事
川本 典子さん

18人(5人)

このページに関するお問い合わせ

市民部 男女共同参画センター
〒564-0072 大阪府吹田市出口町2番1号
電話番号:06-6388-1451 ファクス番号:06-6385-5411
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)