スプリンクラー設備による水損事案について

ページ番号1025075  更新日 2023年11月1日

今般、スプリンクラー設備による水損事案が相次いで発生しています。

スプリンクラー設備は、火災が発生した際に自動で起動し、消火することができる消火能力の高い消火設備ですが、火災時以外にも、地震、事故または故障などの誤作動で、水が噴出することがあるため、停止方法を正確に理解しておくことが必要です。
 破損や漏水時の場合は、火災でないことを確認した上で、漏水している部分を特定してください。
 次に記載されている①、②、③の作業を早急に並行して行ってください。

①制御弁の閉止

 漏水箇所の系統の制御弁室へ行き、制御弁を閉めて、止水してください。

②ポンプの停止

 ポンプ室へ行き、制御盤のポンプ停止ボタンを押してください。

③直ちに施工又は点検業者へ連絡し、早期の復旧に務めてください。

 スプリンクラー設備が停止している間は、管轄の消防署と協議し、別途消火対策を講じてください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

消防本部 総務予防室 予防グループ
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目21番6号 (消防本部)
電話番号:06-6193-1116 ファクス番号:06-6193-0101
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)