外部監査

ページ番号1022334 

外部監査とは、地方公共団体における監査機能の独立性・専門性の強化を図る観点から、従来からの監査委員の機能と併せて、市長が外部の専門家(弁護士、公認会計士等)と契約することにより監査を実施する制度で、包括外部監査と個別外部監査の二種類があります。

1 包括外部監査

包括外部監査は、地方公共団体における監査機能の独立性・専門性の強化を図る観点から、従来の監査委員の機能と併せて、外部の専門家による監査を実施するものであって、毎会計年度、外部監査人が監査テーマを定め、監査の結果に関する報告書を提出するものです。

2 個別外部監査

有権者の50分の1以上の署名で請求する事務監査請求又は議会からの請求、市長からの要求、住民監査請求において、外部監査を求められ、相当と認められた場合に個別外部監査人が監査を行うものです。
なお、住民監査請求では、監査委員が個別外部監査人による監査を相当と認める場合に個別外部監査が実施されることになります。

このページに関するお問い合わせ

監査委員事務局
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (高層棟7階)
電話番号:06-6384-2789 ファクス番号:06-4798-5001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)