水道事業ガイドライン

ページ番号1022845  更新日 2023年12月5日

水道事業ガイドライン(JWWA Q 100: 2016)による主要背景情報(CI)及び業務指標(PI)

 水道事業における状況は、各事業体の置かれている地理的条件や歴史的な経過等によって様々な違いがあり、一律の基準によって他の事業体と単純に比較することが困難です。
 そうしたことから、事業体の特徴や課題、問題点を把握し、市民に分かりやすい情報提供を進めていくため、水道事業ガイドラインが、平成17年(2005年)1月に(公社)日本水道協会の規格として制定されました。
 その後、平成25年(2014年)に厚生労働省から新水道ビジョンが公表され、東日本大震災等の大規模な災害により、耐震対策の強化が求められてくるなど水道事業を取り巻く状況が大きく変化する中で、平成28年(2016年)3月に規格の改正が行われました。
 本市では、平成30年度(2018年度)から改正された水道事業ガイドライン(JWWA Q 100: 2016)による主要背景情報(CI)及び業務指標(PI)を適用しています。

 

  • 主要背景情報(CI):他市と比較検討することを考慮し、水道事業の運営に与える影響が大きい事項、地理的・風土的影響が強く反映される事項を「主要背景情報(CI=Context Information)」としています。
  • 業務指標(PI):「安全で良質な水」「安定した水の供給」「健全な事業経営」の三つを目標として、119項目の業務指標(PI=Performance Indicator)が定められています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

水道部 企画室
〒564-8551 大阪府吹田市南吹田3丁目3番60号
電話番号:06-6384-1253 ファクス番号:06-6384-1902
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)