小学校給食

小学校給食の沿革

  第二次世界大戦が終わり、日本中が食糧難に苦しんでいた頃、ララ(アジア救済連盟)やユニセフ(国際連合児童基金)から小麦粉やミルク(脱脂粉乳)などの援助物資を使用して、学校給食が再開され、多くの育ち盛りの子どもたちが救われました。
  吹田市においても、昭和22年から子供たちの栄養補給という形で給食をスタートしました。
  現在、本市の小学校では、全36小学校で完全給食(主食・副食・牛乳からなる給食)を実施しています。給食の開始から約半世紀を経て、食器もアルマイト食器から強化磁器食器へ切り替わり、また、メニューも多様で栄養バランスのとれた魅力ある内容で実施しています。
 
 
学校給食の形態

  各小学校に設置された給食調理場(単独校調理場)で行います。調理後は、食缶などに入れて各クラスに運ばれ、給食当番(児童)が食器に配膳をします。
 
 
学校給食予定献立表

  本市の小学校給食は、統一献立を作成し、原則として、どの小学校でも同じ日には同じ給食を実施しています。
 
 
 
 
 
給食調理等業務の民間事業者への委託

  平成24年度(2012年度)に、一部の小学校の給食調理等業務(食材料の受取、管理、調理、食器具等の洗浄、施設設備の清掃、残菜・ゴミの処理など)について、民間事業者への業務委託を開始し、その後も順次委託を進めています。今後も、給食調理員の退職の状況等を勘案しながら委託を検討していきます。
  委託後においても、献立、食材の選定、調理工程、衛生面などは、これまでと同じく市が直接管理します。また、設備や食器、食缶は現在使用しているものを用い、各校の調理室で調理して、引き続き安心で安全な給食を提供します。
 
 
 
学校給食用物資納入事業者登録制度

  吹田市立小学校における良質かつ安定的な学校給食の提供に資するため、学校給食に使用する食材料を納入する事業者の登録制度を実施しています。
  公益財団法人大阪府学校給食会から調達している牛乳、パン、精米、一部の調味料等を除き、原則として、「吹田市学校給食用物資納入事業者」として登録されている事業者のみから食材料を調達しています。
  

 

〒564-0027  大阪府吹田市朝日町3番411号   (吹田さんくす3番館4階)

Tel:

【保健】 06-6155-8152

【給食】 06-6155-8153

Fax: 

      06-6383-6017

mail:

【保健】 gaku-hoken@city.suita.osaka.jp

【給食】 gaku-kyuu@city.suita.osaka.jp