令和6年能登半島地震の支援等について

ページ番号1031465  更新日 2024年2月27日

義援金の募集について

このページの先頭へ戻る

被災地・被災者への支援等

支援状況(2月20日現在)

人的支援
  • 総務省災害マネジメント総括支援員の危機管理室職員2名を石川県輪島市(輪島市災害対策本部)へ派遣(1月4日~12日、1月17日~25日)。市長への助言、幹部職員との調整、被害状況や応援職員のニーズの把握、被災県・関係機関・総務省との連携などを実施。
  • 大阪府看護協会から災害支援ナースの派遣依頼を受け、市立吹田市民病院の認定看護師1名を石川県輪島市へ派遣(1月15日~1月18日)。
  • 大阪府が派遣する災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)の一員として保健師1名を派遣(1月18日~1月24日)。
  • 総務省応急職員派遣制度に基づく石川県輪島市での避難所運営マンパワー支援のため、大阪府隊として危機管理室職員1名を派遣(2月15日~2月22日)。
  • 公衆衛生チームの一員として、1月30日~2月15日の期間で部内の保健師2名、事務職2名を派遣(各班5~6日間派遣)。
金銭的支援
  • 1月5日から日本赤十字社大阪府支部吹田地区での義援金を受付。
    本庁舎(正面玄関受付及び福祉総務室)、出張所、総合福祉会館、コミュニティセンター、青少年活動サポートプラザ、市立吹田市民病院、吹田市文化会館(メイシアター)、資源リサイクルセンター(くるくるプラザ)、情報発信プラザ(インフォレストすいた(エキスポシティ内))に募金箱を設置中。
  • 大規模災害被災国等に対する見舞金等の支給に関する取扱基準に基づき、石川県に見舞金(1,000,000円)を2月9日付けで支給。
救助活動
  • 総務省消防庁長官からの緊急消防援助隊出動指示に基づき、緊急消防援助隊大阪府大隊1次派遣の3次編成(吹田市1次派遣隊)として、消火隊1隊5名を派遣(1月1日~1月5日)。その後、消火隊の交代要員として吹田市2次~5次派遣隊(1月5日~1月20日)をそれぞれ5名ずつ派遣。現地における大阪府大隊活動支援のため、1月16日の吹田市5次派遣時に後方支援隊1隊2名を追加派遣。大阪府大隊における現地派遣隊の一部引揚げにより、消火隊は吹田市5次派遣隊の派遣を最終とし、現地の活動を終了後、1月21日に帰隊。

このページの先頭へ戻る

令和6年能登半島地震に対する吹田市支援対策本部

「令和6年能登半島地震」の発生を受け、本市では1月4日付で支援対策本部を設置しました。
現地での被災状況や支援ニーズ等の情報収集を図りながら被災地に寄り添った支援を行ってまいります。

令和6年能登半島地震吹田市支援対策本部会議

第3回令和6年能登半島地震吹田市支援対策本部会議(2月16日)

議題

  1. 吹田市の支援状況
  2. 各部からの報告
  3. 今後の職員派遣にかかる方向性
  4. 現地派遣職員の活動報告

第2回令和6年能登半島地震吹田市支援対策本部会議(1月23日)

議題

  1. 吹田市の支援状況
  2. 見舞金の支給

第1回令和6年能登半島地震吹田市支援対策本部会議(1月10日)

議題

  1. 令和6年能登半島地震吹田市支援対策本部会議の設置
  2. 吹田市の支援状況

このページの先頭へ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理室
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (高層棟3階 301番窓口)
電話番号:06-6384-1753 ファクス番号:06-6369-6080
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)