吹田市業務継続計画

ページ番号1004262  更新日 2022年9月21日

人、モノ、情報及びライフライン等利用できる資源に制約がある状況下において、地域防災計画に定められた災害対応業務及び災害時においても優先的に実施すべき通常業務を特定するとともに、非常時優先業務の業務継続に必要な資源の確保・配分や、そのための手続きの簡素化、指揮命令系統の明確化等について必要な措置を講じることにより、大規模災害時にあっても、適切な業務執行を行うことを目的として、平成30年3月に吹田市業務継続計画を策定しました。
今回、吹田市地域防災計画の改訂(令和3年12月)にあわせて、時点修正を行いました。

計画について

(1)背景

東日本大震災をはじめとする過去の災害では、特に、庁舎・職員が被災した市町村において、一時的に行政機能が失われる深刻な事態に陥り、業務の実施は困難を極めるものとなった。

(2)目的

大規模災害の発生により市役所機能が低下する中にあっても、迅速に災害対応業務を開始するとともに、最低限の行政サービスを維持しつつ、可能なかぎり早期に通常業務を復旧させることを目的とする。

(3)基本方針

  1. 市民の生命・身体・財産および経済活動等を守るための業務を最優先
  2. 業務継続に必要な資源を確保および職員の災害対応能力を向上
  3. 計画の点検・見直しの継続

資料

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理室
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (高層棟3階 301番窓口)
電話番号:06-6384-1753 ファクス番号:06-6337-1631
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)