市の特産・吹田くわい

ページ番号1019205  更新日 2022年9月21日

吹田くわいって?

写真:吹田くわい

すいたんのモチーフとなった「吹田くわい」。
実は、吹田市の名産、伝統野菜なんだよ。

芽が出る、めでたい、といわれて縁起をかつがれる「くわい」。お正月料理で食べたことのある人も多いんじゃないかな。
「吹田くわい」は、一般的なくわいより小粒で、甘味のあるのが特徴なんだ。

昔は川辺や田んぼに自然のまま生えていたんだって。江戸時代から明治維新まで200年近くの間、京都御所へ献上されていたほどの野菜。

普通のくわいと違って、日本の「オモダカ」が成長・進化したのが「吹田くわい」なんだ。植物分類学者の牧野富太郎博士が明らかにして、吹田原産という意味の"suitensis(スイテンシス)"って名前を入れた学名が付けられたんだって。

田んぼの宅地開発や除草剤の影響で数がものすごく減ってしまっていたけど、「吹田くわい保存会」や農家、市民のみなさんの努力で、少しずつ栽培量が増えてきたんだ!

このページに関するお問い合わせ

都市魅力部 シティプロモーション推進室
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟3階 315番窓口)
電話番号:
【魅力創造・すいたん担当】 06-6318-6371
【魅力発信・すいたフェスタ担当】06-6384-2145
ファクス番号:06-6384-1292
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)