吹田市の新公会計制度

ページ番号1015051  更新日 2022年8月30日

吹田市では、現行の現金主義会計である官庁会計の仕組みに、複式簿記・発生主義の考え方を取り入れた新公会計制度を平成26年度に導入しました。市民の皆様にわかりやすい財務情報を提供することにより、アカウンタビリティ(説明責任)の充実を図るとともに、個別の組織や施策事業におけるマネジメントに財務情報を活用していくことで、効率的かつ持続可能な行財政運営に努めます。

吹田市の新公会計制度

吹田市の新公会計制度についてまとめています。

目次
第1 新公会計制度の意義
第2 財務諸表の構成
第3 吹田市の新公会計制度の特徴
第4 会計処理
第5 財務諸表の活用
第6 導入準備

吹田市の新公会計制度概要版

会計基準

〈細則〉

関連情報

吹田市は複式簿記・発生主義による新公会計制度についての情報交換や普及啓発を目的に、「新公会計制度普及促進連絡会議」に参加しています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

会計室
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟1階121・122番窓口)
電話番号:
【審査・物品】 06-6384-2549
【出納】 06-6384-2563
【新公会計制度】 06-6384-2502
ファクス番号:06-6368-9904
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)