鉛製給水管に関する事業について

吹田市水道部では、鉛製給水管の布設替を推進するため、以下の事業を行っています。

 

<事業>

 

1. 鉛製給水管解消工事

平成22年度から実施してきた鉛製給水管布設替事業(面的整備事業)は令和2年度をもちまして終えることができました。

約30,000件の解消を実施してまいりましたが、様々な理由で未だ約8,000件の鉛製給水管が残存していることから、令和3年度から令和7年度までの5年間で再度、取替工事の案内や使用に際しての注意事項などについてお知らせし、引き続き鉛製給水管の解消に努めます。

 
2. 建替に伴う老朽管布設替工事

建物の更新(建替等)に併せて、老朽化した給水管(鉛管又はポリエチレン管(1層管))を、水道部の費用にて塩化ビニル管に布設替えするものです。

 

3. 舗装先行に伴う老朽管布設替工事 

道路管理者あるいは他企業(ガス、電気、下水等)による工事が行われる際、本復旧工事までに、その施工範囲内に残存する老朽化した給水管(鉛管又はポリエチレン管(1層管))を、水道部の費用にて塩化ビニル管に布設替えするものです。

※今年度からポリエチレン管も取替対象事業に加えました。

 

 

<助成制度>

 

4. 鉛製給水管布設替工事助成金制度 

お客さまのご意思により、配水管から量水器までに残存している鉛製給水管の全部を、塩化ビニル管に布設替えされる場合、その工事費用の一部を水道部が助成するものです。

 

 

 

※ 給水装置{配水管(市の本管)からの分岐器具から蛇口等まで(メーターを除く)}は、お客さまの財産です。

※ ここでいう塩化ビニル管とは、耐衝撃性硬質塩化ビニル管(HIVP)のことです。

※ それぞれ条件があり、対象とならない場合があります。

 

 

給水装置

   

 

詳細につきましては、吹田市水道部工務室の各担当グループまでお問い合わせください。

<事業>  1.~3.: 整備グループ         Tel  06-6384-1385

<助成制度>  4.: 給水相談グループ   Tel  06-6384-1258