コラム「こもれび通り」

市の広報紙「市報すいた」に連載している市長コラムです。

 

令和元年10月号「NATS(ナッツ)」

「市長、『ナッツ』というのはどうでしょう」。
 職員の提案から、それは始まりました。「吹田市が来年4月に中核市になることで、全国で初めて4つの中核市が地続きになります。これを機に、一緒に何かできればと」。
 

中核市とは、できる限り住民の身近なところで行政を行うため事務権限が強化された自治体のことで、4つの中核市とは、西から西宮市、尼崎市、豊中市、そして吹田市。そのアルファベットの頭文字を並べると「NATS(ナッツ)」、しかも地図で見てみると、つながった形がカシューナッツに似ている。
 

さっそく3人の市長に電話すると、「いいですね」となり、先日、4市長でのミーティングが実現しました。そして来年1月にキックオフとして開催するシンポジウムで、具体的に連携の方法を議論してみよう、となりました。「大阪、神戸、京都の間に位置し、共通の都市機能を持つ自立した4つの中核市」が府県の枠組みを越えてつながる。都市間ネットワークの新しい形が、ここで描かれます。
 

遊び心を持った提案を生かす自由な気風、どうやら、この4市の栄養価はカシューナッツに似て、かなり高いようです。


NATSの最新情報を、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)で発信しています。

市ホームページの広報ガイドにある「吹田市SNS」から確認いただくか、「ナッツゼロ」で検索してください。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟4階)

TEL:06-6384-0196  

FAX:06-6384-2677