対応策のしくみ



浸水被害をなくすために施設の増強をおこないます。

すでに整備した下水道施設を有効に活用し、その能力を超えてしまう雨水を増強施設で対応します。

全体の事業としては、現在埋設されている既設下水道管より深い位置に、能力不足を補う増強管(内径0.8~3.75メートル)を約13キロメートル整備し、雨水を神崎川に放流するために毎秒30立方メートルの雨水排水ポンプの増設を行います。



 レベルアップ事業後イメージ図  レベルアップ事業後イメージ図2

     既設下水道管より深い位置に増強管を埋設します。           大雨が降った場合、分水施設をとおして、既設の下水道管

                                                                                     よ溢れた雨水を増強管に流入させ、地表に溢れるのを防ぎ

                                                                                     ます。

 

レベルアップ事業前イメージ図3
レベルアップ事業前イメージ図4
レベルアップ事業後イメージ図3
晴れの時は少しだけ流れています
 
現在の施設では大雨が降ると浸水被害が発生しています。
増強管の整備により、整備水準を高め、10年に1度の確率の大雨に対しても、安全を確保します。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼雨水レベルアップ整備事業整備前
雨水レベルアップ整備事業整備前.gif
▼雨水レベルアップ整備事業整備後
雨水レベルアップ整備事業整備後.gif

 

●雨水レベルアップ整備事業トップページ ●対象区域の現状 雨水レベルアップ整備事業の目標 ◆段階的な整備について

                                                                           

戻る 次へ
レベルアップトップページへ レベルアップ計画の目標へ