雨水レベルアップ整備事業の目標

10年に1回程度生じる1時間に約50ミリの降雨にも対応できる施設に整備します。

《整備方針》

1.すでに整備した下水道施設の排除能力の限界まで活用し、能力を超える分を新たな増強施設で対応させる。

2.事業の効果を早期に発揮させるために、段階的な整備計画をたて、完成した施設の活用を図る。

3.将来の更なる浸水に対する安全度の向上に対応できる施設計画とする。

4.国の指針に沿った計画を策定し、交付対象事業とする。

を基本に計画を策定し、早期事業化を目指します。


         
                                                                                                                              
 レベルアップ事業前イメージ図2
     



戻る
次へ
対象区域の現状へ
対応策のしくみへ