Q:固定資産の評価替えとは何ですか。

A:答え

固定資産税とは、固定資産の適正な時価を課税標準としてそれに課税される税金のことです。本来であれば毎年「適正な時価」をきちんと出し、それをもとに課税しなければならないのですが、膨大な量の土地や家屋の評価を毎年度見直すということは、事実上不可能であるため、3年間評価額を据え置き、3年ごとに評価額を見直す制度を設けたものです。つまり、評価替えとは、この3年間における資産価格の変動に対し、評価額を常に均衡のとれた価格にするための作業のことです。



 

よくある質問(FAQ)カテゴリー一覧のページへ

 

資産税課のよくある質問(FAQ)一覧ページへ

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (中層棟2階)

Tel:

【賦課・証明】06-6384-1245

【土地】06-6384-1246

【家屋】06-6384-1247

【償却資産】06-4860-6160

Fax: 06-6368-7344

mail: shisanze@city.suita.osaka.jp