Q:土地において、価格は上がってないのに課税標準額及び税額が上がったのですが、なぜでしょうか。

A:答え

平成9年度以降、課税の公平の観点から「価格に対する前年度課税標準額の割合(※負担水準)」を均衡化させることを重視した税負担の調整措置が講じられています。宅地について負担水準の高い土地は税負担を引下げ、負担水準の低い土地はなだらかに税負担を上昇させることによって負担水準のばらつきの幅を狭めていく仕組みが導入されました。

そのため、前年度と比べて価格が変わっていない、又は下がっている場合でも負担調整措置により課税標準額が上昇したことによって税額が上がる場合もあります。


  詳しくは「土地の課税のしくみ」をご覧ください。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (中層棟2階)

Tel:

【賦課・証明】06-6384-1245

【土地】06-6384-1246

【家屋】06-6384-1247

【償却資産】06-4860-6160

Fax: 06-6368-7344

mail: shisanze@city.suita.osaka.jp