文字サイズ

背景色

ホームページ組織一覧税務部市民税課市民税課のよくある質問(FAQ)妻がパートに行くようになりました。妻に市民税・府民税は課税されますか。また、この場合、私は妻を配偶者控除の対象にすることはできますか。

キーワードで検索

くらしの情報から探す

Q:妻がパートに行くようになりました。妻に市民税・府民税は課税されますか。また、この場合、私は妻を配偶者控除の対象にすることはできますか。

A:答え

パート収入は税法上給与所得に区分され、一般のサラリーマンと同様、その支給額に基づいて市民税・府民税の額が計算されます。
ただし、パートをしていても、年間の給与収入金額が100万円以下であれば、その人に市民税・府民税はかかりません。
また、年間の給与収入金額が103万円以下であれば、その人を控除対象配偶者として、配偶者控除を受けることができます。
なお、給与収入金額が103万円を超え、配偶者控除の対象とならないときであっても、給与収入金額が201万6千円未満であれば、別に配偶者特別控除を受けることができる場合があります。ただし、納税義務者本人の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者控除及び配偶者特別控除の適用を受けることはできません。


給与収入金額

その人に税金がかかるかどうか

配偶者控除が

受けられるかどうか

市民税・府民税

所得税

市民税

・府民税

所得税

均等割

所得割

100万円以下

×

×

×

100万円超

103万円以下

(※)

(※)

×

103万円超

(※)

(※)

(※)

×

×

※これは、あくまで原則です。

その人の有する扶養親族の数等により、この区分とは異なる場合があります。


 

よくある質問(FAQ)カテゴリー一覧のページへ

 

市民税課のよくある質問(FAQ)一覧ページへ

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (中層棟2階)

Tel:

【個人住民税】 06-6384-1248

【法人市民税】 06-6384-1249

Fax: 06-6368-7344

mail: shiminze@city.suita.osaka.jp