市制施行80周年記念事業 アーカイブ

 吹田市は、昭和15年(1940年)4月1日に市制を施行し、令和2年(2020年)4月1日に80周年の記念日を迎えました。

 この節目を祝うとともに、市民のまちへの愛着や誇りを一層高めるために、様々な記念事業に取り組みました。

 一方で、令和2年は新型コロナウイルス感染症が世界的に流行しはじめ、本市においても感染症への対策が急務となるとともに、記念事業の実施にあたっても大規模な集客イベントが実施困難になるなど、大きな影響を受けました。


 このページでは令和元年度から令和2年度にかけて、吹田市制施行80周年プロジェクト会議と吹田市で取り組んだ記念事業を振り返るとともに、記録として残す意味も込めて紹介しています。


吹田市制施行80周年プロジェクト会議が主催となって実施した事業

キャッチフレーズ・ロゴマークの制作

市制施行80周年記念事業で活用するキャッチフレーズ・ロゴマークを市民から公募し、令和元年9月に決定しました。決定したキャッチフレーズとロゴマークはポスターやグッズなどで活用しました。

★キャッチフレーズ・ロゴマーク関連ページへ


メッセージフォトの募集

「あなたにとっての吹田って」をテーマとして市民からメッセージフォトを募集し、859枚のメッセージフォトが集まりました。

集まったメッセージフォトは★メッセージフォト関連ページで紹介しています。


PR動画「80年のあゆみ」の制作

市制を施行した昭和15年からの令和2年までの80年間を10年ごとに分けて主な出来事を紹介する動画「80年のあゆみ」を制作しました。

動画は★PR動画「80年のあゆみ」関連ページからご覧いただけます。


プロモーション楽曲「Home Suita Home」の制作

吹田市出身のヴァイオリニストである葉加瀬太郎さんに依頼し、吹田市プロモーション楽曲「Home Suita Home」を制作し、令和2年3月に公表しました。

この楽曲はシティプロモーションに活用し、長く市民に親しまれることを目的としています。

楽曲のダウンロード、ミュージックビデオの視聴は★プロモーション楽曲「Home Suita Home」関連ページへ。


葉加瀬太郎コンサート

令和2109日、メイシアター大ホールで市民限定コンサートを開催しました。新型コロナウイルス感染症対策のため会場の収容人数の半分以下で開催しました。

「Home Suita Home」は「千里フィルハーモニア・大阪」との協演といった特別演出で披露されました。

コンサート画像

★葉加瀬太郎コンサート関連ページへ

Suita Brass Fes2020~響け!Home Suita Home

令和2年10月18日に万博記念公園で市内の中学生・関西大学の学生による吹奏楽イベントを開催しました。イベントの最後には吹田市プロモーション楽曲「Home Suita Home」の合同演奏が披露されました。 当日は天候にも恵まれ、延べ1,200人の方が来場しました。

ブラスフェス ブラスフェス2

★Suita Brass Fes2020~響け!Home Suita Home関連ページへ


火水木動画・冊子の制作

吹田のご当地遊びである「火水木(ひみずき)」の遊び方を分かりやすく解説した動画と歴史や遊び方を紹介する冊子を制作しました。

動画と冊子は★火水木動画・冊子関連ページからご覧いただけます。


吹田未来郵便局

令和281日から31日まで、10年後の自分自身や家族、友達などに宛てた手紙を預かるイベントを実施しました。手紙は、10年後(令和12年)の10月1日頃に宛先の住所へ配達されます。

平日は市役所、土日祝は市内公共施設等の特設ブースにて、1,884通の手紙を受付しました。

吹田未来郵便局 未来郵便局

★吹田未来郵便局関連ページへ


吹田市制80周年×大阪モノレール30周年記念イベント

令和2年10月25日、市内在住の子供連れの家族を対象とした記念イベントを万博記念公園駅などで開催しました。44組、135人の方が参加しました。吹田市出身のタレント斉藤雪乃さんと一緒に貸切列車でのクイズ大会や車両基地での車内からの洗車見学で盛り上がりました。

モノレールイベント モノレールイベント

★吹田市制80周年×大阪モノレール30周年記念イベント関連ページへ


あなたにとっての吹田展

令和2年9月1日から令和3年3月31日まで、メイシアター入口前で、「あなたにとっての吹田って」をテーマとして募集したメッセージフォト等の展示しました。

★あなたにとっての吹田展関連ページへ


市民企画事業への支援

市民団体等が企画・実施する市制施行80周年を記念した事業に対し、補助金の交付等の支援を実施しました。

新型コロナウイルス感染症の影響で一部の事業が中止となりましたが、11の団体が市民企画事業に取り組みました。

各団体の実施内容は★市民企画事業関連ページで紹介しています。


グッズ等の制作

80周年記念のキャッチフレーズやロゴマーク、すいたんのイラストが入ったグッズを制作し、販売や配布を行いました。

販売用グッズとして、年賀はがき、すいたんマスコットを制作し、イベント等で配布するノベルティとしてシール、付箋、保冷剤、マスキングテープ、マグネットシートを制作しました。

アサヒビール株式会社からは、80周年の盛り上げを応援していただく目的で記念デザインラベルが数量限定で発売されました。

★グッズ関連ページへ


PR等

80周年専用ホームページやSNS(Twitter・Instagram・Facebook)での情報発信、公共施設や大阪モノレール車内へポスターの掲示、阪急バス後部広告の掲載など様々な方法で80周年をPRしました。

Inforestすいたにて、令和2年4月1日から7月31日まで企画展示を行いました。

阪急バス後部広告 インフォレスト企画展


吹田市が主催となって実施した事業

記念誌の発行

吹田市制施行80周年記念誌「SUITA 80th Showcase」を発行しました。

★記念誌関連ページへ


葉加瀬太郎さんの吹田市アンバサダー就任

市のプロモーション楽曲「Home Suita Home」の普及や本市の魅力の発信を行っていただくものとして、吹田市アンバサダーを設置し、葉加瀬さんを任命しました。

令和2年10月9日、メイシアターリハーサル室にて就任式を行いました。

★吹田市アンバサダー関連ページへ


すいカレ2021の制作

吹田市公式インスタグラムにおいてフォトコンテストを開催しました。優秀賞作品を使ってカレンダーを制作し、販売しました。

写真募集は、令和元年1226日から令和2831日まで行い、604点の写真が集まりました。

★すいカレ2021関連ページへ


観光マップの製作

「東京2020オリンピック」の開催が予定されていたことから、80周年を機に、訪日外国人向けに英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字)の吹田観光マップを制作しました。

★観光マップ関連ページへ


大学主催事業への支援

市内大学が企画・実施する市制施行80周年を記念した事業に対し、補助金の交付等の支援を実施しました。

各大学の実施内容は★大学主催事業関連ページで紹介しています。


PR等

万博記念公園駅での横断幕掲出、阪急電車SDGsトレインでの中吊り広告掲出、本庁舎での懸垂幕掲出など様々な方法で80周年をPRしました。

万博駅の横断幕 懸垂幕


中止した事業

市制施行80周年記念プロジェクト会議主催

吹田市主催

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟3階)

Tel:

【シティプロモーション担当】

  06-6318-6371

【観光担当】06-6384-2145

Fax: 06-6384-1292

mail:

city-pro@city.suita.osaka.jp(シティプロモーション担当)

kankou@city.suita.osaka.jp(観光担当)