Q:宅地造成等規制区域内で既存擁壁を引き続き使用することはできますか。

A:答え

宅地造成等規制区域内で既存擁壁を使用する場合は、土地所有者及び調査者(設計者)により安全性の確認を行った上で使用してください。当該既存擁壁が見え高1.0mを超える場合は、「開発事業事前協議承認申請書」の提出時に、土地所有者及び調査者(設計者)が署名・押印(認印可)した「既存擁壁の調査報告書」を1部添付してください。

「既存擁壁の調査報告書」はこちらより参照して下さい。

宅地造成等規制法に基づく許可等

  


よくある質問(FAQ)カテゴリー一覧のページへ

開発審査室のよくある質問(FAQ)一覧ページへ

Adobe Acrobat Readerをダウンロード

PDFファイルを閲覧・印刷するためには、 Adobe Acrobat Reader DCが必要です。
AdobeのWebサイト(外部リンク)から無償でダウンロードできます。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟2階 213番窓口)

Tel:

【開発条例】 06-6384-1974

【開発許可】 06-6384-1975

【建築許認可】 06-6384-1972

【建築審査】 06-6384-1984

【監察】 06-6384-1994

【耐震】 06-6384-1910

【総務】 06-6384-1930

Fax:06-6368-9901

mail:

【開発条例、開発許可】

kaichou@city.suita.osaka.jp

【建築許認可、建築審査、監察、耐震、総務】

kenshido@city.suita.osaka.jp