長期優良住宅の維持保全について

維持保全の実施

 

○長期優良住宅の認定を受けるには、建築後の住宅の維持保全の方法が、30年以上の長期にわたり、良好な状態で使用するために誘導すべき基準に適合することが必要です。

   計画の認定受けた方(認定計画実施者)は、認定の際に作成した維持保全計画書をもとに、定期的に点検を実施し、維持保全に関する状況を記録し、保存しなければなりません。

   吹田市では、建築後5年を経過した建築物を対象に、維持保全状況の調査を行っています。その際には、建築やメンテナス状況に関する記録(住宅履歴情報)等の活用により報告を行ってください。


長期優良住宅の認定を受けられたみなさまへ(チラシ) (PDFファイル; 142KB)


一般社団法人住宅性能評価・表示協会のホームページでは、メンテナンスの方法や、適切な点検・修繕について、わかりやすく解説してあります。

住宅長持ちガイド(一般社団法人住宅性能評価・表示協会HPへリンク)




     

維持保全状況に関する抽出調査


○認定計画実施者による適切な維持保全、記録の作成・保全が行われているかを確認するため、法第12条に基づく認定長期優良住宅の維持保全状況に関する抽出調査を以下のとおり実施しています。

 

調査の対象者

   長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく認定計画実施者(住宅の建築主・所有者など)


調査対象住宅

   認定長期優良住宅のうち、建築後5年を経過した住宅

    (建築年月日は、長期優良住宅完了報告書または検査済証をもとに判断します)

 

調査方法

   対象となる年度の建築物から1割程度を抽出し、対象者には、郵送にて報告用紙(アンケート)を送付いたします。

   住宅の建築及び維持保全の状況に関する記録等の保存状況について、定期点検実施予定者(ハウスメーカーなど)と相談のうえ、所定の用紙に回答してください。

   

   認定長期優良住宅に関する状況報告書    様式Word (MS-Wordファイル; 28KB)

   維持保全状況等に関する報告書(アンケート)    様式Word (MS-Wordファイル; 23KB)

 

回答方法

   状況報告書及びアンケート用紙にご記入いただき、返信用封筒にて送付してください。

   

   【提出先】

     〒564-8550

     吹田市泉町1-3-40

     吹田市役所都市計画部開発審査室

     建築審査担当

 

長期優良住宅の普及の促進に関する法律については、建築審査担当までお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerをダウンロード

PDFファイルを閲覧・印刷するためには、 Adobe Acrobat Reader DCが必要です。
AdobeのWebサイト(外部リンク)から無償でダウンロードできます。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟2階 213番窓口)

Tel:

【開発条例】 06-6384-1974

【開発許可】 06-6384-1975

【建築許認可】 06-6384-1972

【建築審査】 06-6384-1984

【監察】 06-6384-1994

【耐震】 06-6384-1910

【総務】 06-6384-1930

Fax:06-6368-9901

mail:

【開発条例、開発許可】

kaichou@city.suita.osaka.jp

【建築許認可、建築審査、監察、耐震、総務】

kenshido@city.suita.osaka.jp