災害に備えて

もしも、地震等で水道水が出なくなったら?

じゃ口をひねると、いつもすぐに出てくる水が出ない!


(1)災害時給水拠点と災害時給水所の確認

水道部では、大規模災害時において、水道管等の破損により断水や濁り水が発生した際に、応急的に市民の皆さまに水道水をお配りする災害時給水拠点があります。また、より身近な場所でお配りできるように現在、小学校15校を災害時給水所とし、組立式給水タンクを配備しました。今後、さらに小学校21校に配備する予定です。

 

災害時給水拠点マーク災害時給水拠点 9か所

災害に備えて、浄水所や配水場等に応急給水設備を設置し、飲料水等を備蓄している施設。


災害時給水所マーク災害時給水所 15か所

災害に備えて、避難所である小学校に組立式給水タンク等を設置し、災害時給水拠点よりも身近で応急給水を受けることができる施設。

災害時給水拠点と災害時給水所

⑵水の備蓄の心がけ

  • 飲料水1人1日3ℓを3日分以上は備蓄しましょう
  • ポリタンクペットボトルなど水を入れる容器の準備
  • お風呂の残り湯も有効に

  トイレの流し水や生活用水として利用でき、火災時には消火用水としても使用できます。

  災害時には、とても重宝しますので、お風呂のお湯はすぐに流さず溜めておきましょう。


⑶日頃から準備しておこう!

  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 非常食、水
  • 医療用品
  • 衣類 


水道部の災害対策

災害用資機材・備蓄品等

給水タンク車(2トン)

災害など断水が発生したときに、水道水を運ぶ重要な車輌です。

加圧ポンプを備え、受水槽への給水も可能です。

給水車

可搬式浄水装置

雨水やプールの水などを、ろ過して飲料水をつくる装置です。雨水利用時では毎時250ℓの飲料水をつくることができます。

可搬式浄水装置

組立式給水タンク

災害時給水所などに配備しており、給水車などから飲料水を補給します。


組立式給水タンク

連結型臨時給水栓

災害時給水拠点の給水口などからホースでつなげ、仮設の給水用じゃ口を設置します。

連結式になっているため1か所の給水口から一度にたくさんの方々への給水が可能です。

連結型臨時給水栓

この他にも、応急給水のためのポリタンク、非常用飲料水袋、災害用備蓄水などを災害時給水拠点や備蓄倉庫などに備蓄しています。

 連携体制の強化

市主催の訓練や他の水道事業体との合同訓練、また、自治会・小学校等が実施する訓練への参加など、毎年様々な防災訓練を

実施し職員のスキルアップを図っています。


〒564-8551 大阪府吹田市南吹田3丁目3番60号

総務グループ

Tel: 06-6384-1252

Fax: 06-6338-3192