家庭や職場で火災予防対策を徹底しましょう。

吹田市内で、建物が全焼するような火災が例年より多く発生しています。

特に、これからの時季は暖房器具を取り扱う機会が多くなり、空気の乾燥のあり、火災が発生しやすい状況にもなります。

また、風が強く吹く日などは、火災が発生すれば、火の勢いが強くなりやすく、風に乗って被害を拡大させることになります。

家庭や職場で火災予防対策を徹底し、火災をださないように十分注意してください。

建物火災の様子

いのちを守る10ポイント

いのちを守る4つの習慣

 寝たばこは絶対にしない、させない

 ストーブの周りに燃えやすいものを置かない

 コンロを使うときは火のそばを離れない

 コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く

いのちを守る6つの対策

1 火災の発生を防ぐために、ストーブやコンロ等は安全装置の付いた機器を使用する

2 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する

3 火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する

4 火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく

5 お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく

6 防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う

いのちを守る10のポイント

RIMG0007

P1000425

〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目21番6号  (消防本部・西消防署合同庁舎7階)

総務グループ・企画グループ

Tel: 06-6193-1115  Fax: 06-6193-0101

mail: sfd-soumu@city.suita.osaka.jp

予防グループ

Tel: 06-6193-1116  Fax: 06-6193-0101

mail: sfd-yobo@city.suita.osaka.jp

北部消防庁舎等複合施設建設グループ

Tel: 06-6193-1151  Fax: 06-6193-0101

mail: sfd-hokubu@city.suita.osaka.jp