消火器の訪問点検にご注意を!


高額請求不適正な点検
訪問点検にご注意!!

 

消火器の不適正な点検や、高額請求の被害が吹田市内で発生しています!

消火器を設置している防火対象物(事業所)を狙ってきます。

[点検業者の手口]

◎出入りの点検業者を巧妙に装います。

・訪問前に電話をかけて信用させます。

・本社、消防などからの依頼のように装うこともあります。

◎点検の承諾をあいまいにすると素早く消火器を集め出します。

・正規の契約業者の点検内容をみて、点検の理由をでっち上げます。

「けっこうです。」では「承諾」とみなします。

「業者は、決めているのでお断りします。」などときっぱりと断る。

◎内容を説明せず、一見合法的な書類にサインや押印を求めてきます。

◎集めた消火器を持ち帰って点検をするといい、承諾のサインや押印を求めます。

・「預かり書」などと言ってサインや押印を求めます。

(実は「契約書」です。)サイン等は絶対にしない!

点検を承諾する前に契約業者であるかしっかり確認
しましょう。もし、ちがっていたら…。


トラブル防止のポイント


* 身分証明書(点検資格者証)等の提示を求める。

* はっきりと点検を拒否する。

* 一切の書類(契約書)等に押印、サインは絶対にしない。

 

 

  不適正な点検や高額請求をする点検業者が、居直ったり、脅迫的な言動に出たときは警察署、消防署に通報してください。

 

吹田市消防本部(総務予防室予防グループ)TEL06-6193-1116

 

大阪府警察本部(悪質商法110番)TEL06-6941-4592

 

総務予防室 予防グループ

〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目21番6号  (消防本部)

Tel: 06-6193-1116

Fax: 06-6193-0101

mail: sfd-yobo@city.suita.osaka.jp