暖房器具の取り扱いに注意!

 ストーブのキャップ

  

  暖房器具の取り扱いに十分ご注意をお願いします。

  石油ストーブの燃料缶のふたのゆるみから灯油が漏れ、火が燃え移るという

  火災 が発生しています。

  また、寝ている間に電気ストーブから布団に着火した火災も発生しています。

  今一度、取扱説明書に目を通していただき、正しい取り扱いをお願いします。

 ストーブ可燃物

 ○ 石油ストーブの燃料缶のふたはきっちり閉めましょう。

 ○ 石油ストーブの燃料は灯油です。ガソリンを入れないでください。

 ○ 火をつけたままの給油は危険です、火を消してから給油してください。

 ○ 暖房器具の周りに燃え易いものを置いたり、洗濯物を干さないでください。

 ○ 火のついたまま、暖房器具を移動しないでください。

 ○ 寝るとき、部屋を離れるときは暖房器具の火を消してください。

   

 

 

指令情報室

指令情報第1グループ・ 指令情報第2グループ

〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目21番6号(消防本部・西消防署合同庁舎6階)

Tel: 06-6193-1119(直通)

Fax: 06-6193-0100

mail:

【指令情報】 sfd-shirei@city.suita.osaka.jp 

【指揮調査】 sfd-chosa@city.suita.osaka.jp