老齢基礎年金を受け取る手続き

老齢基礎年金の請求手続きについて、ご案内します。

老齢基礎年金は、10年以上の受給資格期間がある人が65歳に達したときに受給できる年金です。


手続きの方法

受給開始年齢に達し、老齢年金の受給権が発生する方には、受給開始年齢に到達する3カ月前に、日本年金機構より申請書が住所に送付されます。

同封の書類に記入の上、日本年金機構に返送すると、手続きが完了します。

手続き方法について詳しくは以下のページをご覧ください。

老齢年金の請求手続き(日本年金機構)

 

年金の繰上げ・繰下げ請求

65歳から受け取るのではなく、繰上げたり繰下げて受給することができます。

年金機構に申し出る必要があります。手続き方法について詳しくは以下のページをご覧ください。

年金の繰上げ・繰下げ受給(日本年金機構)

 

繰上げ請求

  • 60歳から64歳の間に繰り上げて受給する場合は、年齢に応じて年金額が減額されます。
  • 減額率は生涯変わらず、変更や取消はできません。
  • 受給権が発生後は、原則として、障がい基礎年金を受け取ることができません。
  • 寡婦年金の受給権を失います。
  • 65歳になるまで、遺族厚生(共済)年金との併給はできません。

  などの注意点があります。


繰下げ請求

  • 66歳から70歳の間に繰り下げて受給する場合は、年齢に応じて年金額が増額されます。
  • 66歳以降の請求時に繰下げの申出をしてください。

 


〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟2階 233番窓口)

Tel:06-6384-1209

Fax:06-6368-7346

mail:nenkin-shomu@city.suita.osaka.jp