4月は「若年層の性暴力被害予防月間」です

性犯罪・性暴力は被害者の尊厳を著しく踏みにじる行為であり、その心身に長期にわたり重大な悪影響を及ぼすものであることから、その根絶に向けた取組や被害者支援を強化していく必要があります。10代から20代の若年層を狙った性犯罪・性暴力は、その未熟さに付け込んだ許しがたい重大な人権侵害であり、決して許されるものではありません。

政府は、令和3年4月から、若年層の性被害に関する問題を広報啓発するのに適した毎年入学・進学時期である4月を、「若年層の性暴力被害予防のための月間」とすることとしました。

このため、平成29年から毎年4月に実施してきた「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」を発展的に継承し、これまでのAV出演強要やJKビジネスなどの問題の更なる啓発に加え、深刻化しているレイプドラッグの問題、酩酊状態に乗じた性的行為の問題、SNS利用に起因する性被害等、様々な性暴力被害の予防啓発や性暴力被害に関する相談先の周知、周りからの声掛けの必要性などの啓発を行い、若年層が性暴力の加害者、被害者、傍観者にならないことの啓発を徹底します。

4月は進学・就職等に伴い、若年層の生活環境が大きく変わり、被害に遭うリスクが高まる時期です。期間中、地方公共団体、関係団体等との連携・協力の下、若年層に対する性犯罪・性暴力の問題に関する取組を一層強化するとともに、若年層の人権尊重のための意識啓発活動や教育の充実を図るなど各種取組を集中的に実施します。


いま、10~20代の身の回りでは、こんな被害がおきています


モデル等のスカウトを装って、AV出演や性的な行為を強要されるケースがあります。

「おしゃべりするだけ!時給もいい!」そんなアルバイト募集広告が、実際には性的な行為を含むアルバイトだったりします。

飲み物に睡眠薬を入れられ、性暴力の被害にあうケースがあります。
  • デートDV
    (ドメスティックバイオレンス)

DVなんて関係ない、興味ない、という人が気づかないうちに被害者だたり、加害者だったりすることがあります。

※内閣府男女共同参画局ホームページ(外部ページ)へ移動します


相談ができる場所があります   プライバシーは守られます

吹田市では性暴力に関する啓発リーフレットを作成しております。

様々な性暴力の相談窓口を掲載しておりますでの、ご参考ください。


ねぇ、知ってる? ~性暴力のホント~ (PDFファイル; 1141KB)


性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター

全国共通短縮番号 #8891 (語呂合わせ:は や く ワンストップ)が令和2年10月1日より開始しました。

詳しくは、内閣府男女共同参画局ホームページ(外部ページ)をご覧ください。


性暴力救援センター・大阪(SACHICO<サチコ>)

電話  072-330-0799

住所  大阪府松原市南新町3-3-28(阪南中央病院内)

備考  被害にあわれた方は、24時間ホットラインにて支援者とつながり、安全な場所SACHICOで、心と身体の回復を図ります。

          女性のみ対象。


サチッコ

電話  06-6632-0699

時間  水曜日から土曜日まで午後2時から午後8時まで

備考  19歳までの子どもを性暴力から守るための相談です。



〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟1階 134番窓口)


Tel:

【人権・平和】 06-6384-1513

【人権啓発推進協議会】 06-6384-1539

【男女共同参画】 06-6384-1461

Fax:

  06-6368-7345

Mail:

【人権・平和】jin_kent@city.suita.osaka.jp

【人権啓発推進協議会】suitajinken@wi.kualnet.jp

【男女共同参画】danjosan@city.suita.osaka.jp