北朝鮮による日本人拉致問題

 1970年代から1980年代にかけて、多くの日本人の行方が不自然な形で判らなくなりました。

これらの多くは、北朝鮮当局による拉致の疑いが濃厚であることが明らかとなり、現在17人が

政府によって拉致被害者として認定されています。

  2002年に北朝鮮は日本人拉致を認め、5人の帰国が実現しましたが、残りの12名の被害者に

ついては、未だ納得のいく説明はありません。

   拉致は家族・人生を奪い、人間の尊厳、自由を著しく侵害する重大な人権侵害です。「絶対に

許さない」という一人ひとりの声は、解決に向けての強い力となり、ご家族の大きな心の支えと

なります。

  すべての拉致被害者帰国の実現を目指し、関心を持ち続けましょう。

   

  内閣官房  拉致問題対策本部  ホームページ

  アニメ「めぐみ」の視聴はこちら

   ※アニメ「めぐみ」は、昭和52年(1977年)、当時中学1年生だった横田めぐみさんが、学校からの帰宅途中

      に北朝鮮により拉致された事件を題材に、残された家族の苦悩や賢明な救出活動の模様を描いた

      25分のドキュメンタリー・アニメです。

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟1階 134番窓口)


Tel:

【人権・平和】 06-6384-1513

【人権啓発推進協議会】 06-6384-1539

【男女共同参画】 06-6384-1461

Fax:

  06-6368-7345

Mail:

【人権・平和】jin_kent@city.suita.osaka.jp

【人権啓発推進協議会】suitajinken@wi.kualnet.jp

【男女共同参画】danjosan@city.suita.osaka.jp