Q:受動喫煙の防止について、健康増進法の改正によって何が変わったのですか?

A:答え

「望まない受動喫煙の防止」という観点から改正健康増進法が段階的に施行されてきましたが、令和2年4月1日から全面施行されました。これにより、以下のことが大きく変わりました。
(1)学校や病院など、子どもや患者が主たる利用者となる施設及び行政機関においては、原則敷地内禁煙に。
(2)その他2人以上の人が利用する施設においては、原則屋内禁煙に。
 ※所定の要件に適合すれば、各種喫煙室(喫煙専用室、加熱式たばこ専用喫煙室、喫煙可能室、喫煙目的室)の設置ができますが、該当する標識の掲示が必要です。
(3)20歳未満の方は、従業員の方や喫煙を目的としない場合であっても、喫煙エリアへの立入が禁止に。


関連リンク

  厚生労働省ホームページ「受動喫煙対策」(外部リンク)

〒564-0072  大阪府吹田市出口町19-3(吹田市保健所1階)

Tel:

【総務・健都・健康づくり担当】06-6384-2614

【公害・原爆担当】06-6384-1827

Fax: 06-6339-2058

mail:ken_machi@city.suita.osaka.jp