みどりのカーテン

「みどりのカーテン」ってなに?

   建物の壁面や軒下へネットなどを設置して、ゴーヤやアサガオなどのツル性植物を栽培してつくる「地球にやさしい自然のカーテン」です。

 

   日差しによる建物への蓄熱や室内に入る直射日光を遮り、葉の蒸散作用で室内の温度上昇を抑制します。冷房による電気使用量の削減にもつながり、近年、身近なヒートアイランド対策・地球温暖化対策として注目されています。

市役所本庁舎のみどりのカーテン

みどりのカーテンの効果は?

   みどりのカーテンの内側と外側では平均2~3度の温度差があり、夏の強い日差しを遮り、室内の温度上昇を抑えるだけでなく、見た目にも涼しい印象を与えます。また、花や実をつけるので、日々の成長を実感できる楽しみもあります。

みどりのカーテン
みどりのカーテン成長日記

   今年度も本庁舎南玄関横でみどりのカーテンに取組みます。

  そして、今年もみどりのカーテンが成長していく様子をレポートします。ぜひ、ご家庭でもチャレンジしてみてください。

令和4年6月6日(月)

週始めにみどりのカーテンを見に行くことが楽しみになっている担当者。

さっそく見に行ってみると、なんと蔓(つる)が少し伸びてきていました!

ただ、他の葉を見てみると他は伸びていなさそうな様子でした。

今後、蔓(つる)が絡んで伸びて行くのが楽しみです。

 

蔓

 



令和4年6月3日(金)

そろそろ植物たちがプランターからはみ出すほどに成長してきましたので、ネットを張りました。

高層棟の2階まで張っています。

気温も高くなり、暑い日も増えていますので、早く蔓(つる)が伸びて、日差しを遮ってほしいと思う今日この頃です。

 

ネット

 



令和4年5月30日(月)

先週、発芽したのはささげ豆で、ゴーヤはなかなか発芽せずに心配しましたが、やっと姿をあらわしてくれました。

ゴーヤもささげ豆に負けずに大きくなっていってほしいと思います。

 

ゴーヤの発芽

 



令和4年5月23日(月)

今年は発芽までにだいぶ時間がかかりました。

担当者としてはこのまま発芽しないのでは、という不安の中、なんとか発芽してくれました。

大きく育つように今後もしっかり水やりをしようと思います。

 

発芽

 



令和4年5月16日(月)

土を十分寝かせ、熟成(じゅくせい)したので、種まきをしました。

今年は昨年、種としてとれたささげ豆とゴーヤをまきました。

水やりを欠かさず、種が発芽するのを楽しみに待ちたいと思います。

 

種まき

 



令和4年5月2日(月)

今年もみどりのカーテンを作るため、環境部職員で土づくりを行いました。

丹精(たんせい)こめて土に肥料や苦土石灰(くどせっかい)を混ぜ込み、上から水をまきました。

残りのゴールデンウィーク中は土を寝かせ、ゴールデンウィークが明けたら、種をまきます。

今年も良いみどりのカーテンができますように。

 

土づくり

 



〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟2階・232番窓口)

TEL:

【庶務】

06-6384-1701

【環境美化】

06-6384-1361

【中高層建築物】

06-6384-1793

【資源循環】

06-6384-1702

【環境まちづくり・エネルギー・マネジメント・環境戦略・環境パートナーシップ】

06-6384-1782



環境美化、鳥獣等に関するご意見・ご要望はこちら

 

FAX:【共通】06-6368-9900

Mail:

【庶務】

env-seisaku@city.suita.osaka.jp

【環境美化・中高層建築物】

env-chiiki@city.suita.osaka.jp

【資源循環】

k_genryo@city.suita.osaka.jp

【環境まちづくり(アセス・ガイドライン)】

env-assess@city.suita.osaka.jp

【環境パートナーシップ】

env-keihatsu@city.suita.osaka.jp

【エネルギー・マネジメント】

env-energy@city.suita.osaka.jp

【環境戦略】

env-planning@city.suita.osaka.jp