Q:新しくボイラーを設置したいのですが、届出は必要ですか。

A:答え

伝熱面積が10平方メートル以上であるか、又はバーナーの燃料の燃焼能力が重油換算で1時間当たり50リットル以上であるボイラーを工場又は事業場に設置する場合は、設置工事の着手予定日の61日以上前までに大気汚染防止法に基づく届出を環境保全課に提出する必要があります。

なお、環境保全課では、環境への負荷を低減するため、都市ガスを燃料とし、NOx(窒素酸化物)の排出量が少ないボイラーを推奨しています。


 

よくある質問(FAQ)カテゴリー一覧のページへ

 

環境保全課のよくある質問(FAQ)一覧ページへ

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟1階)


Tel: 06-6384-1850

Fax: 06-6368-7350

mail:

【庶務】

 seikatuk@city.suita.osaka.jp

【大気汚染・化学物質】

 seikatuk-taiki@city.suita.osaka.jp

【騒音・振動・遺伝子組換え施設】

 seikatuk-souo@city.suita.osaka.jp

 

【水質汚濁】

 seikatuk-susi@city.suita.osaka.jp

【土壌汚染・地下水】

 seikatuk-sido@city.suita.osaka.jp

【水道法】

 seikatuk-suidou@city.suita.osaka.jp