カラスによる ごみの被害への対策について

ごみの出し方を工夫することで、被害を防止したり減らすことができます。


1.生ごみを減らす

使わなかった食品や食べ残しなどの生ごみは、雑食性のカラスにとって絶好のエサになり、被害の原因になります。

食品ロスを少なくし、生ごみを減らしましょう。


2.生ごみをカラスから見えないようにする

生ごみは、水分を切って小袋に入れてからごみ袋の中心部に入れるなど、外から見えないようにしてください。


3.カラス除けネット等を使用する

市販のカラス除けネットを購入してごみに掛けてください。

ただし、カラスは知能が高いため、ネットの掛け方には工夫が必要です。網目が細かく、サイズの大きいものを使いましょう。

ごみを包み込むように掛け、ネットの四隅に重しを載せていただくと効果があります。

なお、被害への対策として、ごみ箱等の回収容器でごみを出されますと、収集作業時に容器が破損したり、風で飛ばされたりする恐れがあります。

市では収集時の破損や収集後の紛失の責任は負いかねますので、ご使用になる場合はご自身の責任でお願いします。特に回収容器が路上に転がったりすると、交通事故等の危険がありますので、十分にご注意ください。


4.ごみは収集日の午前8時までに出す

カラスに狙われる時間を少なくするため、ごみは収集日前夜からではなく、収集日当日の午前8時までに出してください。


〒565-0862 吹田市津雲台7丁目7番D138-101号

【業務時間】 午前8時45分~午後5時15分。土曜日は正午まで

【休日】 土曜日の午後、日曜日、年末年始

Tel: 06-6832-0026

Fax: 06-6832-0092