明るい選挙運動

明るい選挙推進運動

民主主義の基盤である選挙が明るく行われるためには、私たち市民一人ひとりが政治や選挙に強い関心を持ち、有権者としての自覚と政治意識を身につけることが必要です。
また、選挙に際しては、積極的に投票に参加し、私たち市民の意見を政治に反映させる必要があります。このような選挙の実現をめざして政治意識の向上に努め、投票参加と明るい選挙を呼びかけていくのが「選挙啓発」であり、また、「明るい選挙推進運動」です。

明るい選挙

明るい選挙の推進運動は、はじめは「公明選挙運動」と呼ばれていました。昭和40年(1965年)3月に、"みんなに親しまれるように"ということから名称を改めて公募し、「明るく正しい選挙」になりました。その後、昭和49年(1974年)に、この名称の簡素化と"明るく"の中に"正しい"の意味が入っているということなどから、現在の「明るい選挙」という呼び名になりました。



明るい選挙啓発活動

選挙啓発物品

吹田市明るい選挙推進協議会委員を通じて、地区の行事などで配布しています。

啓発ポスターコンクール

明るい選挙についての理解と関心を高めることを目的に、次代をになう小・中学生を対象にポスターを募集しています。入選作は大阪府の審査会に提出し、入選・佳作作品の展示会を行っています。

※吹田市入選作品についてはこちら⇒吹田市入選作品ギャラリー

白バラ講座の開催

明るい選挙啓発活動の一環として、年に一回開催しています。
白バラ講座は、政治・経済・教育・社会問題などをテーマに実施し、市民に参加を呼びかけています。

新有権者啓発

選挙への関心の向上を目的に、満18歳となる新有権者に「メッセージカード」を送付しています。

機関紙「白ばらすいた」の配布

明るい選挙啓発の事業などを掲載した、吹田市明るい選挙推進協議会の機関紙「白ばらすいた」を年一回発行しています。




〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟3階)

Tel:

【庶務】 06-6384-2478

【選挙】 06-6384-2487

Fax: 06-6368-9909

mail: senkanjm@city.suita.osaka.jp