PPP / PFI 

PPP/PFI手法導入優先的検討基本方針

 公共施設等の整備等を効果的かつ効率的に進めるためには、民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用していくことが重要であり、多様なPPP/PFI*手法を検討することが必要となっています。

 「多様なPPP/PFI手法導入を優先的に検討するための指針(平成27年12月15日民間資金等活用事業推進会議)」を踏まえ、平成27年12月27日付で、内閣府及び総務省から、人口20万人以上の地方公共団体において、多様なPPP/PFI手法の導入が適切かどうかを、自ら公共施設等の整備等を行う従来型手法に優先して検討する要領の作成が要請されました。

 これらを受け、本市では効果的かつ効率的に公共施設等の整備をするとともに、市民に対するサービス水準の維持向上を図ることを目的として「吹田市PPP/PFI手法導入優先的検討基本方針」を策定し、一定規模以上の公共施設等の整備等については、PPP/PFI手法を優先的に検討することとしています。


 *「PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)」とは、公共サービスの提供を行政と民間が連携して行うことにより、  

  民間の創意工夫等を活用し、財政資金の効率的使用や、行政の効率化等を図るものです。

  「PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)」とは、PFI法に基づき、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間

  の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う、PPP手法の一つです。


 「吹田市PPP/PFI手法導入優先的検討基本方針」はこちら (PDFファイル; 259KB)

 

   PPP/PFI手法導入優先的検討における評価結果一覧はこちら

 

〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号(高層棟5階)

Tel:

【企画調整・庶務グループ】

06-6384-1632

【実施計画・財政グループ】

06-6384-1287

【行政改革・管理グループ】

06-6384-1743


Fax:06-6368-7343

mail:

【企画調整・庶務グループ】

kikakubu@city.suita.osaka.jp

【実施計画・財政グループ】

zaisei@city.suita.osaka.jp

【行政改革・管理グループ】

kikakubu@city.suita.osaka.jp