川面下水処理場のしくみ


                                          

フロー図

 

メニュー

川面下水処理場をすいたんが紹介します。

すいたん入場   すいたくわいの説明

場内の池には、すいたんのモチーフである「吹田くわい」があります。

吹田市のイメージキャラクター「すいたん」については、こちらをご覧ください。

   「すいたんのおへや」はこちら

「吹田くわい」については、吹田市観光ウェブで紹介しております。

   「吹田名品 吹田くわい」はこちら

1.沈砂池(ちんさち)

流入ゲート、除塵機   集砂装置

下水処理場に流れてくる下水(汚水および雨水)は、まずこの沈砂池でゴミや砂、小石などを取り除きます。

メニューに戻る

2.ポンプ室(ぽんぷしつ)

すいたんが雨水ポンプを見ている   すいたんが雨水ポンプを紹介している

沈砂池を通った下水は汚水ポンプで汲み上げて水処理工程に送ります。

また、大雨時などには処理しきれない一部の雨水を雨水ポンプで神崎川へ放流します。

メニューに戻る

3.最初沈殿池(さいしょちんでんち)

最初沈殿池の全景   最初沈殿池の水

最初沈殿池では、汚水をゆっくり流すことで大きいよごれ(汚泥)を底に沈めます。この沈んだ汚泥を生汚泥といいます。

底に沈んだ生汚泥は南吹田下水処理場の汚泥処理施設(おでいしょりしせつ)に送ります。

最初沈殿池から出たうわ水には、まだよごれがあり、いろいろなものがとけている状態です。このうわ水をさらにきれいにするため、つぎの反応槽に送ります。

メニューに戻る

4.反応槽(はんのうそう)

送風機   反応槽

反応槽では、水の中に住んでいる目に見えない小さな生き物(これを微生物といいます)に汚れを食べさせ、水をきれいにしています。そのため、微生物が活発に活動できるよう送風機でたくさんの空気を送っています。

また、微生物は自然に集まりくっついて泥のように見えるため活性汚泥と呼ばれています。

メニューに戻る

5.最終沈殿池(さいしゅうちんでんち)

最終沈殿池の水  最終沈殿池の槽内  めだか池

最終沈殿池では、ゆっくりと水を流すことで活性汚泥を底に沈め、きれいになったうわ水と分けます。

底に沈んだ活性汚泥は前の反応槽へもどし、増えすぎて余った汚泥は南吹田下水処理場の汚泥処理施設に送ります。

きれいになったうわ水は塩素混和池に送ります。

また、きれいになったうわ水には魚も住むことが出来ます。

メニューに戻る

6.塩素混和池(えんそこんわち)

塩素混和池

うわ水には、色々な細菌類がふくまれていますので塩素で滅菌します。

メニューに戻る

7.放流口(ほうりゅうこう)

放流口   放流口を眺めるすいたん

処理工程を経てきれいになった水とポンプ室から送られてきた雨水は神崎川へ放流します。

メニューに戻る

中央操作室(ちゅうおうそうさしつ)

中央操作室

中央操作室では、川面下水処理場の設備を運転操作することができます。

現在は、夜間に職員が常駐していないこともあり、南吹田下水処理場の広域監視室で24時間運転および監視を行っております。

メニューに戻る

【庶務・企画、建設担当】

〒564-0043 大阪府吹田市南吹田5丁目34番3号

電話: 06-6369-1606     Fax: 06-6369-5150

メール: gesuishi@city.suita.osaka.jp          南吹田下水処理場分室へのアクセス


【南吹田下水処理場(事業場排水規制担当)】

〒564-0043 大阪府吹田市南吹田5丁目35番1号

電話:06-6384-5855      Fax:06-6384-1005

メール:minsu_gs@city.suita.osaka.jp         南吹田下水処理場へのアクセス


【川面下水処理場(川園ポンプ場担当)】

〒564-0037 大阪府吹田市川岸町22番1号

電話:06-6381-4210      Fax:06-6383-6512

メール:kawaz_gs@city.suita.osaka.jp         川面下水処理場へのアクセス