吹田市下水道デザイン蓋プロジェクト

プロジェクト概要

吹田市の下水道事業は、昭和34年度(1959年度)に当時、市南部地域において最も緊急の課題であった浸水対策事業としてポンプ場用地の買収と幹線管渠整備工事に着手したのが始まりです。

デザインマンホール蓋の歴史も古く、平成2年度(1990年度)から採用してきました。


近年、デザインマンホール蓋は多くの自治体でその地域の特色を生かしたデザインが施されており、注目が集まっています。そこで、吹田市でも「吹田市下水道デザイン蓋プロジェクト」と題し、シティプロモーションと下水道の見せる化という観点から多彩なデザインマンホール蓋の製作に取組んでいます。

天道岸部線沿いにある現行マンホール蓋

プロジェクト紹介

デザインマンホール蓋第4弾(4種)が市内に誕生しました(2021年9月)

デザインマンホール蓋第4弾の設置場所は、右地図(吹田市下水道管路網図)に赤い○印で示しています。(第1弾・第2弾・第3弾は青い○印)

お近くにお立ち寄りの際はぜひ探してみて下さい。

吹田市のマンホールカードについて

マンホール位置図

デザインマンホール蓋をご覧になる際のお願い

  • デザインマンホール蓋は、歩道部や植え込み内に設置しております。
  • 撮影などを行っていただいてかまいませんが、他の歩行者などの通行、近隣にお住いの方々の生活の妨げにならないようご配慮願います。
  • 自転車などが通過する箇所もありますので、安全には十分に注意してください。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟6階)

Tel:

【庶務】 06-6384-2011

【計画】 06-6384-2080

Fax: 06-6368-9903

mail: gesuisom@city.suita.osaka.jp