下水道部のお仕事

keyvisu

下水道が使えなくなるなんて想像しにくいけど・・・水洗トイレが使えない、雨が降れば、まちは水浸し(悲)。
そんな下水道を守り、まちの発展を目指し、下水道部の職員は次のような仕事をしています。

下水道部のお仕事概要

なかでも、重点的に取り組んでいる事業が、

「豪雨などによる浸水被害を軽減」「下水道施設の老朽化対策」です。


豪雨などによる浸水被害軽減

吹田市では、常襲的な浸水被害からまちを守るため、10年確率降雨(約50mm/h)に対応する新たな増強施設を建設しています。

【雨水レベルアップ整備事業】    中の島・片山工区

中の島・片山工区の位置図

右上の写真は、実際に中の島・片山工区で使用している、シールドマシンという地中を掘削する機械です。まず縦方向に発進立坑という穴をつくった後、横方向にシールドマシンで穴を掘り、トンネルをつくっていく工事です。このトンネルに地上にあふれそうな雨水を取り込みます。



レベルアップ管の施工方法

 下水道施設の老朽化対策

 一般的に下水管の標準耐用年数は50年とされています。吹田市の下水道は昭和30年代後半の千里ニュータウンの開発とともに普及してきたこともあり、市内に布設されている管渠約832kmうち、40年以上経過している管渠は全体の40%を占めています。


一度、壊れると元に戻すのに、多大な時間と、多額の費用が掛かります。壊れる前に、日々の点検調査を行い、適切に管理し、改築工事を実施することで、トータルコストを抑えることができます。日々の点検や必要に応じ改築更新工事を行っています

下水管の老朽化が原因で道路陥没が起きることも


このように吹田市下水道部では、浸水に強いまちづくりや老朽化対策のために仕事をしています。


下水道部のお仕事紹介リーフレットはこちらです (PDFファイル; 517KB) 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟6階)

Tel:

【庶務】 06-6384-2011

【計画】 06-6384-2080

Fax: 06-6368-9903

mail: gesuisom@city.suita.osaka.jp