高齢者見守り体制づくり

高齢者支援事業者との連携による見守り

みまもりあいステッカー・みまもりあいアプリ                                           徘徊高齢者SOSネットワーク事業(みまもりあいステッカーに関するもの)

 令和2年8月からこの2つの取組により、高齢者見守り体制づくりを進めています。

高齢化に伴い、ひとり暮らし高齢者の増加が見込まれる中で、高齢者が住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らし続けるために

高齢者と関わりのある地域の様々な業種の事業者の方々によるご協力をお願いします。aaaaqqq{849161B1-B17B-494D-82E4-9C4B7408DE16}

 


sdgs


 協力事業者の活動内容 その1

高齢者支援事業者との連携による見守り

吹田市で働く事業者のみなさま、気になる様子の高齢者をみかけたことはありませんか?


見守り事業図式





ご協力いただく事業者の方々から、

ひとり暮らし高齢者の方等の

「ちょっとおかしいな」「ちょっと気になるな」

というような気づきを地域包括支援センターに

ご連絡いただくことで、早期に問題を発見し、

効果的な支援へつなげます。(日常業務の範囲でご協力いただいています。)


高齢者支援事業者との連携による見守り事業の具体的な流れ (PDFファイル; 131KB)




協力事業支者の高齢者の見守りと支援の例


 

 協力事業者の活動内容 その2

みまもりあいステッカー・みまもりあいアプリ

徘徊高齢者SOSネットワーク事業 (みまもりあいステッカーに関するもの)

 令和2年8月から、「徘徊高齢者SOSネットワーク事業」は「みまもりあいステッカー・みまもりあいアプリ」を使った捜索依頼へと事業内容を変更しました。
そのためFAXによる捜索依頼の協力事業者の募集は令和2年7月末日で終了しました。
また、現在登録いただいている協力事業者へのFAXによる捜索依頼は令和3年1月末日をもって終了します。
 

みまもりあいステッカー

みまもりあいステッカーマンガ

 

 徘徊高齢者等の早期発見やご家族の精神的負担の軽減のために、 徘徊するおそれのある高齢者の衣服や持ち物に「みまもりあいステッカー」を付けています。

 記載しているフリーダイヤルに電話すると転送システムにより、発見者の個人情報を保護した状態で、家族等に直接電話連絡することができます。

 業務中や普段の生活で、みまもりあいステッカーを付けている気になる高齢者を見かけた場合は、記載しているフリーダイヤルへご連絡ください。


送システムの仕組み

          転送システムイラスト

 

  365日24時間、全国どこからでも電話ができます。

  フリーダイヤルから転送されるため、緊急連絡先と発見者がお互いの電話番号を知られない状態で通話可能です。

  防犯対策としてすべての通話内容を一定期間録音管理しています。

  ※通話料が発生します。

 

みまりあいステッカーの利用については、以下のリンク先をご覧ください。

・みまもりあいステッカー・みまもりあいアプリ徘徊高齢者SOSネットワーク事業(みまもりあいステッカーに関するもの)


アプリ捜索画面

みまもりあいアプリ

  みまもりあいステッカーと連動できる、スマートフォン等のアプリです。

  徘徊等高齢者が行方不明になったときに、

  家族等からアプリをダウンロードした協力者の方々へ捜索依頼を発信します。

  アプリのダウンロード者数が増えるほど見守りの目が増え、

  徘徊等高齢者の早期発見へ繋がります。

  ぜひ、「みまもりあいアプリ」のダウンロードと登録にご協力ください。

 

  スマートフォン等をお持ちであれば、年齢を問わず、協力者になることができます。

  全国で協力者は増えており、みまもりあいアプリは

  60万ダウンロード(令和2年2月時点)を超えています。

  アプリのサイズは小さく、スマートフォンのデータ容量に影響は少ないです。

  GPS(位置情報)はプッシュ信号を受けた時のみ起動する(常時起動ではない)ため、

  みまもりあいアプリ利用によるスマートフォン等の電池の消耗はほとんどありません。

  ソフトウェアのバージョンはiOS11.0(iPhone等)、Android6.0(Androidスマホ等)以降のものから使用できます。

  ただし、ソフトウェアとみまもりあいアプリのバージョンはアップデートし、常に最新にしてください。

  

※アプリの利用料は無料です。ただし、通信料は利用される方の負担になります。

 

 みまもりあいアプリのダウンロード

        QR

     ダウンロードの手順についてはこちら (PDFファイル; 1397KB)をご覧ください。



高齢者見守り体制づくりの協力事業者を募集しています!

高齢者支援事業者との連携による見守り、みまもりあいアプリ・みまもりあいステッカー 徘徊高齢者SOSネットワーク事業(みまもりあいステッカーに関するもの)にご協力いただける事業者を募集しています。

ひとり暮らし高齢者などの異変に気が付いた場合の連絡や、認知症高齢者などが徘徊行動によって行方不明になった場合の捜索に、事業者で働く従業員の方々のご協力をお願いいたします。

協力事業者である目印に下記のグッズを配布しています。

   ・ポスター

   ・ステッカー(大・小)

   ・マグネット(自動車・原付バイク等用)

   ・イラスト表示プリント(自転車・原付バイク等用)


高齢者見守り体制づくり 画像データイラスト表示プリント見本


登録方法

   登録届出書をご記入のうえ、高齢福祉室支援グループまで郵送してください。


【登録手続きに必要なもの】

高齢者支援事業者との連携による見守り事業登録届出書 (PDFファイル; 114KB)

※令和2年8月からは「高齢支援事業者との連携による見守り事業」のみ申請を受付ております。登録された事業者名は、定期的にホームページにて公表させていただきます。


登録を変更する場合

   登録内容に変更が生じた場合は、登録変更届出書をご記入のうえ、速やかに高齢福祉室支援グループまで郵送してください。


【変更手続きに必要なもの】

高齢者支援事業者との連携による見守り事業登録変更届出書 (PDFファイル; 78KB)

※現在徘徊高齢者SOSネットワーク事業に登録していただいている事業者の方々へは、令和3年1月末日までFAXによる捜索依頼をさせていただきますので、令和3年1月末日までにFAX番号に変更があった際は、変更届の提出をお願いいたします。


登録を廃止する場合

   登録を廃止する場合は、登録廃止届出書をご記入のうえ、速やかに高齢福祉室支援グループまで郵送してください。


【廃止手続きに必要なもの】

高齢者支援事業者との連携による見守り事業登録廃止届出書 (PDFファイル; 113KB)


高齢者見守り体制づくり協力事業者一覧

 高齢者見守り体制づくり協力事業者は、631事業者です。(令和2年7月21日現在)

うち、高齢者支援事業者との連携による見守りに協力しているのは631事業者、

徘徊高齢者SOSネットワークに協力しているのは557事業者です。 


吹田市地域包括支援センター担当地域別 協力事業者一覧(順不同)     

     地域包括支援センター担当地域別 協力事業者一覧 (PDFファイル; 423KB)


     ※地域包括支援センターの担当地域は下記の表でご確認ください。


吹田市地域包括支援センター名 担当地域

吹一・吹六地域包括支援センター

朝日町、内本町、川岸町、寿町、清和園町、中の島町、西御旅町、東御旅町、南清和園町、元町

吹三・東地域包括支援センター

川園町、幸町、昭和町、吹東町、末広町、高城町、高浜町、日の出町、平松町、南正雀、南高浜町、目俵町

片山地域包括支援センター 

朝日が丘町、片山町、上山手町、出口町、天道町、原町2丁目、藤が丘町、山手町

岸部地域包括支援センター 

岸部北、岸部中、岸部南、岸部新町、芝田町、原町1、3、4丁目

南吹田地域包括支援センター

泉町、金田町、西の庄町、穂波町、南金田、南吹田

豊津・江坂地域包括支援センター 

江坂町1~4丁目、江の木町、垂水町、豊津町、広芝町、芳野町

千里山東・佐井寺地域包括支援センター

佐井寺、佐井寺南が丘、千里山霧が丘、千里山高塚、千里山月が丘、千里山虹が丘、千里山東、千里山星が丘、千里山松が丘、竹谷町

千里山西地域包括支援センター

江坂町5丁目、春日、千里山竹園、千里山西、円山町

亥の子谷地域包括支援センター

五月が丘西、五月が丘南、五月が丘東、五月が丘北、山田西1丁目、山田東1丁目、山田南

山田地域包括支援センター

山田東2~4丁目、山田西2~4丁目、山田北

千里丘地域包括支援センター

青葉丘、樫切山、清水、尺谷、新芦屋、千里丘、長野、山田市場

桃山台・竹見台地域包括支援センター

竹見台、津雲台1丁目、桃山台

佐竹台・高野台地域包括支援センター

佐竹台、高野台

古江台・青山台地域包括支援センター

古江台、青山台

津雲台・藤白台地域包括支援センター

上山田、千里万博公園、津雲台2~7丁目、藤白台、山田丘




Adobe Acrobat Reader DCをダウンロード

PDFファイルを閲覧・印刷するためには、 Adobe Acrobat Reader DCが必要です。

AdobeのWebサイト(外部リンク)から無償でダウンロードできます。

高齢福祉室 支援グループ
(基幹型地域包括支援センター)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟1階)

Tel:

【権利擁護・吹田市高齢者安心・自信サポート事業・

  在宅福祉サービス等】 窓口番号118

06-6384-1360

【介護予防】 窓口番号151

06-6170-5860

【庶務・認知症施策・医療介護連携等】 窓口番号151

06-6384-1375

Fax: 06-6368-7348

mail: kousien@city.suita.osaka.jp