救急医療情報カードをご活用ください

 

  おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者等の方を対象に配布している救急医療情報キットに、平成26年(2014年)12月から、「救急医療情報カード」を入れています。

 救急医療情報カードは、外出時の安心・安全を確保するためのもので、財布などに入れて持ち歩くことで、万一の緊急時に備えます。

  配布対象の方以外でも、ご自身で救急医療情報カードを作っていただけますので、様式をダウンロードしていただき、下記の「作り方」を参考に活用してください。

 

 救急医療情報カード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおむね65歳以上の方には、救急医療情報キットと一緒に配布しています

  救急医療情報キットの配布場所等については、こちらを御覧ください。

 また、既に救急医療情報キットをお持ちの方には、救急医療情報キットの配布場所にてカードをお渡ししています。

 

 

 

救急医療情報カードの作り方

 

 

1 救急医療情報カードを下記からダウンロードし、印刷します。 

   救急医療情報カード(PDFファイル; 117KB)

  ※写真では黄色い紙に印刷していますが、白い紙でも大丈夫です。

 

 キットカード写真1

 

2 ダウンロードしたカードを点線に沿って切ります。

  (中央のくり抜き部分はまだ切らなくてよいです) 

キットカード写真2 キットカード写真3

 

3 ダウンロードした紙に書いてある順番に、2回、山折りをします。

キットカード写真4 キットカード写真5 

 

4 左端の角を丸く切ります。

キットカード写真6 

 

5 完成です。必要事項を記入し、財布などに入れて持ち歩いてください。

キットカード写真7 

 

 

もしものときの流れ

1 救急通報し、救急車を呼びます

  ※その際、「財布などのなかに救急医療情報カードが入っています」と伝えてください

2 救急隊員が、カードの情報を病院に提供する場合があります

※救急時、必要に応じて救急医療情報カードを活用しますが、記載されている希望などに

  添えない場合があり、また、活用されない場合もあります。

※「かかりつけの医療機関」以外の病院に搬送される場合があります。

高齢福祉室 支援グループ
(基幹型地域包括支援センター)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟1階)

Tel:

【権利擁護・吹田市高齢者安心・自信サポート事業・

  在宅福祉サービス等】 窓口番号118

06-6384-1360

【介護予防】 窓口番号151

06-6170-5860

【庶務・認知症施策・医療介護連携等】 窓口番号151

06-6384-1375

Fax: 06-6368-7348

mail: kousien@city.suita.osaka.jp