緊急通報システム

 

緊急通報システムについて、ご案内します

 

緊急通報装置を設置することにより、高齢者の方が、病気などで緊急に通報が必要な時に、装置または携帯用の非常ボタンを押すだけで、市が委託する業者の緊急通報受信センターへ自動的に通報でき、本体のスピーカーを通じて、委託業者の従事者と通話ができるようになります。
通報の後、必要に応じて救急車や消防車が出動し、委託業者の緊急要員が出動します。あらかじめ登録された近所の協力員に連絡して、様子などを見に行ってもらう場合もあります。また、利用者及び協力員の氏名、住所、電話番号については、利用者が居住する地域を担当する民生・児童委員へ情報提供し、地域での見守り活動と連携しています。
対象となるのは、おおむね65歳以上で、ひとり暮らしの高齢者、または、寝たきりなどで体の不自由な方がいる高齢者のみの世帯、家族が仕事などで、長時間、高齢者だけになり不安がある方です。
装置を設置するには、生計中心者の所得税額に応じて、費用の負担が必要となります。

詳しい費用については「日常生活用具の給付など」かチラシ (PDFファイル; 564KB)をご覧ください。

担当の地域包括支援センターまたは高齢福祉室支援グループへご相談ください。


関連リンク

  地域包括支援センター

高齢福祉室 支援グループ
(基幹型地域包括支援センター)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟1階)

Tel:

【権利擁護・吹田市高齢者安心・自信サポート事業・

  在宅福祉サービス等】 窓口番号118

06-6384-1360

【介護予防】 窓口番号151

06-6170-5860

【庶務・認知症施策・医療介護連携等】 窓口番号151

06-6384-1375

Fax: 06-6368-7348

mail: kousien@city.suita.osaka.jp