Q:介護予防について教えてください。

A:答え

高齢者ができる限り寝たきりなどの要介護状態になったり、要介護状態がさらに悪化する事がないようにすることを言います。

・元気高齢者が虚弱にならない

・虚弱高齢者が元気になる

・要支援高齢者が自立に近づく

自分らしく地域で暮らし続けるためには、一人ひとりができる限り介護予防に努めることや、地域や社会の中で何らかの役割を担いながら生活することが大切です。

吹田市では、認知症予防講演会をはじめとした講演会やはつらつ体操教室、ひろばde体操、いきいき百歳体操などを行っています。


関連リンク

  一般介護予防事業(吹田市民はつらつ元気大作戦)

      講演会

  教室

  ひろばde体操

  いきいき百歳体操


 

よくある質問(FAQ)カテゴリー一覧のページへ

 

高齢福祉室のよくある質問(FAQ)一覧ページへ

 

高齢福祉室 支援グループ
(基幹型地域包括支援センター)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟1階)

Tel:

【権利擁護・吹田市高齢者安心・自信サポート事業・

  在宅福祉サービス等】 窓口番号118

06-6384-1360

【介護予防】 窓口番号151

06-6170-5860

【庶務・認知症施策・医療介護連携等】 窓口番号151

06-6384-1375

Fax: 06-6368-7348

mail: kousien@city.suita.osaka.jp