認知症サポーター養成講座

~認知症になっても安心して暮らせるまち吹田~を目指して


認知症の人は増えており、ご家族や地域のみなさんと助け合いながら暮らしています。

認知症サポーター養成講座は、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を地域で温かく見守る

「認知症サポーター」になるための講座です。

吹田市では、平成31年(2019年)3月末までに、約24,400人の認知症サポーターが誕生しています。

認知症になっても安心して暮らせるまちづくりのため、皆さんも「認知症サポーター」になりませんか?

 

認知症サポーターとは

   認知症サポーターは、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。

認知症サポーターは何か特別なことをするのではなく、友人や家族に学んだ知識を伝える、

認知症の人が困っている様子を見かけたら声をかけるなど、自分のできる範囲で活動します。

 

このような活動をしている認知症サポーターがいます!

◇ 不安気にたたずんでいる高齢者を見かけたので声をかけ、地域の人と協力して自宅にお送りした。

◇ 複数の認知症サポーターで協力し、認知症の人やその家族などが集える「認知症カフェ」を地域に

    つくって運営している。

 

 

オレンジリング写真

認知症サポーター養成講座を受講すると、

「認知症の人を応援します」いう意思を示す目印の「オレンジリング」をお渡しします。



 

 


 吹田市 認知症サポーター養成講座を開催します

対象

     市内に在住・在勤・在学の方

費用

     無料

日程・会場・申込先    

      令和元年度 上半期   日程・会場・申込先 (PDFファイル; 95KB)

      令和元年度 下半期   日程・会場・申込先 (PDFファイル; 106KB)

      いずれも午後2時から3時30分まで。(受付は午後1時30分から)

申込方法

     電話またはファックス。

     希望する日程・会場を選び、各申込先に受付開始日以降にお申込みください。

       ※ 再案内はいたしませんので、当日会場にお越しください。

       ※ 定員の都合で受講いただけない場合のみ、ご連絡いたします。

   

 

 

 

認知症サポーター養成講座を開催しませんか?

    地域や職場の仲間と一緒に「認知症サポーター養成講座」を企画・開催することができます。

ご用意していただいた会場(吹田市内に限る)に「認知症キャラバン・メイト」と呼ばれる講師が出向き、

認知症の知識や、認知症の人と接するときの心構えなどをお話しします。

   ※ただし、介護サービス事業者が従事者のための研修の一部として開催することはできません。


対象

     市内に在住・在勤・在学している、団体・学習グループ      

費用      

     講師料は無料。

     テキスト代等が必要な場合があります。(テキスト代1冊103円送料別)

会場

     申込をされる団体において、ご用意ください。

     なお、会場の使用料が必要な場合、申込をされる団体の負担となります。

        ※市内の会場に限ります。

所要時間

     60分から90分程度

申込方法  

    開催の1か月前までに、地域包括支援センターにご相談ください。

   その後、下記の「認知症サポーター養成講座開催依頼書」を記入し、地域包括支援センターに提出してください。

テキスト代等が必要な場合があります。(テキスト代1冊103円送料別)      

認知症サポーター養成講座開催依頼書 (MS-Excelファイル; 35KB)

 

Adobe Acrobat ReaderをダウンロードPDFファイルを閲覧・印刷するためには、 Adobe Reader (アドビリーダー)が必要です。

AdobeのWebサイト(外部リンク)から無償でダウンロードできます。

高齢福祉室 支援グループ
(基幹型地域包括支援センター)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟1階)

Tel:

【権利擁護・吹田市高齢者安心・自信サポート事業・

  在宅福祉サービス等】 窓口番号118

06-6384-1360

【介護予防】 窓口番号151

06-6170-5860

【庶務・認知症施策・医療介護連携等】 窓口番号151

06-6384-1375

Fax: 06-6368-7348

mail: kousien@city.suita.osaka.jp