決算常任委員会から市への提言(令和4年度決算)

ページ番号1030169  更新日 2023年11月16日

 令和5年10月10日(火曜)から11月6日(月曜)まで決算常任委員会を開催し、令和4年度の一般会計及び特別会計の決算に関する事項について審査を行い、その内容を踏まえ、委員会として以下の提言を取りまとめ、11月6日(月曜)に市長に提出しました。

決算常任委員会からの提言について

 本委員会では、令和5年10月10日から11月6日までの間、令和4年度一般会計及び特別会計の決算に関する事項について審査を行い、この度、以下の4項目の提言を取りまとめました。
 つきましては、本提言を尊重し必要な予算措置や手立てなどを講じていただきますよう、お願いいたします。

 1.自治会への加入促進等について

 地域自治会は、市の持続的な発展と市民のきずなを深めるための大きな役割を果たしている。しかしながら、近年の自治会加入率の低下は顕著であり、役員などの成り手不足についても深刻な問題となっている。
 よって、市として自治会活動の様々な負担軽減を図ること、また大学生ボランティアサークルとのマッチングなど、若い世代との世代間交流を行うことにより自治会活動を活性化し、より良い地域コミュニティが形成されるよう積極的な支援策に取り組まれたい。

 2.すいたフェスタ、シティープロモーション推進のイベントの補助について

 すいたフェスタは、市への愛着と誇りの醸成を目的とするシティープロモーションの中核となる一大イベントであり、多くの市民が参加する貴重な機会でもある。しかしながら、同フェスタの前身である吹田まつりと比較して、参加者数は3分の1程度にとどまっているだけでなく、参加団体も減少し、参加者の年齢層や居住地域の偏りも生じており、加えて、猛暑の時期の開催による負の影響も大きい。
 これらの課題を踏まえ、補助している市として、同フェスタの意義を再検討し、抜本的な改善と、ほかのシティープロモーション推進に係るイベントの補助との整合を図るよう取り組まれたい。また、これらの補助それぞれを議会で的確に審議できるよう提案に工夫されたい。

 3.保育・介護等の人材確保 について

 近年、少子高齢化の進行等に伴い、各分野での人材不足が全国的な問題となっており、とりわけ保育・介護・障がい福祉現場での人材確保が大きな課題である。これらの分野は、社会的に弱い立場の児童、要介護者を支える尊い仕事であるにもかかわらず、重労働、低賃金が人材不足に拍車を掛けている。
 本市においても十分な支援策が実施されているとは言えず、子供たちへのより良い成長の機会の提供及び高齢者・障がい者の健やかな生活の維持のより良い成長の機会の提供及び高齢者・障がい者の健やかな生活の維持のため、早急に人材を確保するための施策を講じる必要がある。
 よって、労働等に見合う賃金の改善を国に求めるとともに、十分な人材確保策に早急に取り組まれたい。

 4.都市公園及び遊園の適切な維持管理について

 都市公園及び遊園は、市民に身近な憩いの場であり、子供の遊び場、自然に親しむ場など、多用途な公共スペースである。よって、除草やせん定等、適切な維持管理を図り、良好な環境となるよう努められたい。

 

 

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (中層棟3階)
電話番号:
【庶務・広報】 06-6384-2644、06-6384-2663
【議事】 06-6384-2674
【調査】 06-6384-2696
ファクス番号:06-6338-0920
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)